ワークショップコレクション11 in シブヤ

上映・公演は終了しました。

詳細情報を見る

学び

料金:無料
※材料費別途

※表示されている料金は全て税込みです。
※やむを得ない都合により、開催スケジュール及び内容が変更になる事があります。詳細は各主催者へお問い合わせ下さい。

こども向けのワークショップ博覧会「ワークショップコレクション11 in シブヤ」が2015年8月29日(土)、30日(日)の両日、道玄坂にある取り壊し予定のオフィスビル「新南平台東急ビル」「渋谷TODビル」をメインとするほか、サテライト11カ所を含む会場で開催される。主催は、こどものための創造・表現の場を提供する「NPO法人CANVAS」。

こどもの想像力、表現力を刺激する同イベントは、今年で11回目を迎える。過去イベントでは10万人以上の来場者を記録するなど、世界最大級のこども創作イベントに成長。今回は渋谷区内の取り壊し前のオフィスビルに、「100以上の魅力的なワークショップ」が全国から集結し、会場内の壁・床・天井などの空間全体をこどもたちに自由に開放。全国の学校や大学の研究室、企業、ミュージアム、研究者・技術者、アーティストたちが、造形や絵画、イラスト、サイエンス、電子工作、音楽、身体表現、ゲーム・クイズ、映像、環境・自然、デジタルなどの様々なワークショップを出展し、こどもの感性を大いに刺激する。

今回の大きな特徴は、「取り壊し前」のオフィスビルだからできるプログラム。アーティストとこども達が一緒に会場で自由に絵を描く「#BCTION フリーウォール」や、ロボットとこどもたちがコラボレーションする「ロボットのお絵かき教室」、本物の土や植物で公園を再現する「ビルのなかの森の公園」など、空間全体を自由に使ったダイナミックな試みが行われる。そのほか、ロボットや3Dプリンタ、電子工作、電子楽器など、プログラミングやデジタルなどをテーマとした「未来の学び」が体験できるワークショップ。テクノロジーと融合し身体能力を拡張して競う「超人スポーツ」、スポーツが苦手な人も障がい者も一緒に楽しめる「ゆるスポーツ」など、2020年を先取りする新しいスポーツの可能性に触れるワークショップや、道玄坂ヒミツキチラボがプロデュースする謎解きリアルRPG「こども勇者の大冒険!」など、こどもの創造力と表現力を刺激するワークショップが目白押し。

メイン会場以外でも、再開発が進む渋谷駅を大変身の過程を、親子で見学・体感する「未来のシブヤ発見ツアー〜親子で工事現場探検&シブヤのミライを学ぶ」(要事前予約)をはじめ、こども科学センター・ハチラボ、渋谷区ふれあい植物センター、FabCafe Tokyo、co-ba shibuya、NHKスタジオパーク、アップリック、トーキョーワンダーサイトなど、渋谷区内のサテライト会場でもワークショップや映画上映などが展開。未就学児から小学生、大人までが1日楽しめる体験型のプログラムが数多くそろう。

出展ワークショップ一覧:http://wsc.or.jp/workshop/
スペシャルワークショップ一覧: http://wsc.or.jp/workshop/special

こどもやこどもを持つ親はもちろん、教育関係者やアーティスト、ファシリテーターなど、こども向けのワークショップ開催に関心のある方は必見!

<開催概要>
ワークショップコレクション11 in シブヤ


開催:2015年8月29日(土)、30日(日)
   10:00〜17:00 メイン会場1 新南平台東急ビル(道玄坂1-21-2)
   12:00〜17:00 メイン会場2 渋谷TODビル(道玄坂1-21-14)
   ※メイン会場はそれぞれイベント開始時間が異なります。
    最終入場は16時まで。
対象:未就学児から小学生、大人まで
主催:NPO法人CANVAS
後援:文部科学省、総務省、経済産業省
   内閣府、東京教育委員会
   渋谷区教育委員会
公式:http://www.wsc.or.jp/

オススメ記事

最新記事

カテゴリーから選ぶ