代官山で「SAKURAクリーン作戦」−ROOTOTEでお花見ゴミの持ち帰り呼び掛け!

中目黒や青葉台を含む「広域代官山エリア」で2017年3月25(土)・26日(日)、4月1日(土)・2日(日)の週末2週間にわたり、お花見ゴミの持ち帰りを呼び掛けるキャンペーン「SAKURAクリーン作戦2017」が開催されています。

こちらのイベントは、代官山発ブランド「ROOTOTE(ルートート)」を手掛けるスーパープランニングが主催として4年前にスタート。代官山蔦屋書店やログロード代官山、中目黒アトラスタワーの3カ所設置された「ゴミステーション」で受付を済ませた参加者は、ごみ箱にもなるトートバッグ「ルー・ガービッジ」を持ってゴミを拾いを行い、いずれかのゴミステーションまで持ち帰ります。
心地よい春風が吹いた初日は、お天気にも恵まれ絶好のゴミ拾い日和。
受け付けを済ませた参加者は、ROOTOTEのルー・ガービッジを受け取ります。
こちらの桜柄は、代官山蔦屋書店のゴミステーションのみで販売(918円税込)。
数量限定で無料配布している「東急電鉄コラボ ルー・ガービッジ」は、どちらのゴミステーションでも受け取れます。(先着順。無くなり次第終了)
ルー・ガービッジの内側にはポリ袋をセットでき、ゴミ箱にもなるトートバッグ。市販の30リットル用ポリ袋にちょうどいいサイズなので、お花見はもちろんBBQなどの様々なアウトドアシーンでも活躍しそうです。

いざゴミ拾いに出発!
比較的きれいなイメージの代官山エリアですが、探してみると植え込みの中やベンチの下などに意外とゴミが落ちています。空き缶やカフェの紙コップの他、タバコの吸い殻を瓶や缶に入れて置きっぱなしにされたものも多く見られました。
ログロード代官山のゴミステーション
参加者の中には、3カ所に点在するゴミステーションの位置を上手に利用する人も。あるご夫婦はログロードで受け付け後、代官山でショッピングをしながらゴミ拾い、帰り際に蔦屋書店のゴミステーションに持ち帰ってきました。中目黒アトラスタワーを出発し桜の様子を見ながら目黒川散策、最後に代官山蔦屋書店にゴミを捨てに来たという方も。
ゴミステーションに戻って来た参加者には、オリジナルの缶バッジがプレゼントされます。

「ゴミを見つけるのが楽しかった」
「沢山の大人から褒められてうれしかった」
ゴミ拾いを終えた幼稚園から小学生の小さな参加者たちは、みんな笑顔で帰ってきます。ご両親からは「子どもと一緒に楽しみながら社会勉強ができた」という声も。
ゴミステーションに収集したゴミを持ち帰る参加者
このイベントがスタートした4年前は、ちょうど代官山T-SITEができて2年目の年。春は西郷山や菅刈公園、有名な目黒川のお花見に来る人も多く、そのまま代官山のT-SITEに流れてくる人も増えたそう。スーパープラニングの村上さんは「人が増えると街のゴミも増えるのではないかな、と。そんなときに、僕たちのトートバッグというツールを使って、代官山らしくスマートにごみの持ち帰りができれば、ごみも減って、街の美観を保てるのではないか」とイベントを始めた経緯を明かします。

このトートバッグを使った環境啓発は、近隣の団体・企業を動かし、2017年からは東京電鉄や、アルカス春祭り実行委員会(中目黒桜まつり主催)などが協力。昨年まで蔦屋書店のみだったゴミステーションも、今年は3カ所に拡大しています。昨年は4日間で合計約18.3キロのゴミを回収しましたが、今年は一週目で既にその量を上回る勢い。「少しずつこの活動が広がっていけば」(村上さん)と期待を込めます。

都内の開花も発表され、いよいよ本格的なお花見シーズン到来。今年の春は桜を楽しむ前に少し立ち止まって、街の美観や環境について考えてみるのもいいかもしれませんね。「SAKURAクリーン作戦2017」は今週末も開催を予定しています。

SAKURAクリーン作戦2017
 〇開催日:
  2017年3月25日(土)26日(日)
  4月1日(土)2日(日)※荒天中止
 〇公式:http://superplanning.co.jp/sakura_clean/2017/
 〇ゴミステーション(受付+収集場所):
  1.代官山蔦屋書店2号館前(旧山手通り側)
  2.ログロード代官山1号棟2号棟間通路
  3.中目黒アトラスタワー(山手通り側タクシー乗り場付近)
 〇収集時間:
  1.11:00〜17:00
  2.11:30〜16:30
  3.11:00〜17:00
  ※各施設内の場所は若干変更になる場合があります。

土屋絵美(代官山ひまわり)

代官山を拠点に活動するNPO法人「代官山ひまわり」。所属するママさんライターが渋谷情報をお届けします。

オススメ記事

最新記事

カテゴリーから選ぶ