SHIBUYA BUNKA BOOKMARK

ground2

環境と生活を考える「場所」

「cafe」の屋上にある庭園で。お客さんも自由に出入りができ、栽培中のハーブや野菜などにさわることも。
「ground2」には、60’sカルチャー/ファッションショップの「TRIggER」とデザイン事務所兼ギャラリーショップの「gift_lab」が同居する。
11月11日にはground2の一周年イベント”2 in 1”が行われる。イベントは17時スタート、20時からはgift_labで音響系ユニット「VOIMA」「leno aka earb」によるライブも。

kurkku プランニングディレクター・江良慶介さんのbookmarkは「ground2」
今年6月に神宮前にオープンした「kurkku(クルック)」は、カフェや雑貨屋など5つの店舗からなり、環境に配慮した食やライフスタイルを提案するプラットホーム的な場所。そのプランニングディレクターを務める江良慶介さんのbookmarkは、TRIggERとgift_labという二つのお店が同居している複合カルチャースペース「ground2」。「TRIggERには僕の好きな60’sの洋服やアクセサリーなどがあり、gift_labは音響系のCDや建築・デザイン関連の書籍が揃っているのでよく覗いています。普通のお店というよりも、元々『人が集まる場所』を目的として作られたスペースなので、偶然、知り合いの人と会うことも多く、近くに来るとつい立ち寄ってしまう」と話してくれた。gift_labは先頃開催された「DesignTide in Tokyo 2006」の空間構成や企画展制作などを行っていたクリエイティブユニット「gift_」の事務所でもある。江良さんが働く「kurkku」も、カフェやお店の集合体というよりは、「生活スタイル」を提案する「プロジェクト」と呼ぶほうが感覚としてはしっくりくる。環境とデザインの共存を謳った企画展「treasured trash」をエントランスに据えた「DesignTide」のように、身近な環境について考えるイベントや場所が多いのは、最近の渋谷のクリエイティブシーンの流れを表しているようで興味深い。

ground2(g2)
渋谷区恵比寿西1-16-1 2F
TEL.03-5784-0441(gift_lab)/03-5784-0421(TRIggER)

INFORMATION

kurkkuは全国から集めた野菜や肉を提供する「kitchen」、日本古来の食材を気軽に味わえる「cafe」、植物や鉢植えなどを扱う「green」、エコとデザインをコンセプトに揃えた日用雑貨の販売のほか、現在、写真家の平間至さんらの写真展を開催している「design」(写真右)、暮らしの本を扱う本屋「library」の5部門に分かれている。元々は小林武史さんと櫻井和寿さんらが始めた非営利バンク『ap bank』の活動から派生して始まったkurkku。江良さんは「ジャンルで言うと『オーガニック系』と簡単に分けられがちだけど、もっとシンプルに『気持ちのいいこと』を実感してもらうための場所」と表現する。「よく考えられたデザインを見たり、美味しい野菜を食べたときに、気分が良かったりする。そうした実感を持った後で、それらがどこで作られたのかを考えたり、緑を育てたくなったり、自然や環境について少しでも目を向けてもらえれば」とkurkkuのスタンスについて語る。そうした場を広げる活動の一つとして、定期的にワークショップも開催されている。12月1日には熊本で植林活動をしている正木高志さんを招く予定。

kurkku


住所:渋谷区神宮前2-18-15,21
電話:03-5414-0671(cafe)
営業時間:11:30〜22:00(cafe)※月曜定休


(2006年11月9日)

一覧へ