渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

オカルト

上映・公演は終了しました。

2008年/日本/110分/配給:イメージリングス/©2009 イメージリングス

『ノロイ』『口裂け女』の白石晃士監督・最新作!
見てはいけない、地獄の映画。

『口裂け女』『ノロイ』でJホラーの新たな恐怖を開拓した映画監督・白石晃士がアナタをもう一つの日常へと連れて“逝く”! 幽霊・UFO・派遣労働・予知夢・無差別殺人・あの世・ネットカフェ難民・古代文字――現実と怪異が交じり合い生まれる、誰も見たことのない世界。そこで待ち受けるのは恐怖か、それとも……? 『クローバーフィールド/HAKAISHA』『REC/レック』等で注目されるフェイクメンタリーの手法を大胆に用いた超リアル・日常破壊系ホラー、それが『オカルト』です!!!

STORY
フェイズ1「偶然残された衝撃映像」
それは、偶然に残された衝撃のビデオ映像が発端だった! とある観光地で発生した通り魔殺人の決定的瞬間――女性2名が死亡し男性1名が重傷、犯人自身も投身自殺。しかしその遺体は発見されていない……。OL(東美伽)が撮った忌まわしい犯行映像は禁断のスナッフムービーとしてインターネットの裏サイトで流通していた。

フェイズ2「次々と現れる予兆」
問題の映像を入手してしまった映画監督・白石晃士は、理由もわからないまま、この事件をドキュメンタリーとして残さなければならないと考える。取材を進めるうち白石は、事件の唯一の生存者で今はネットカフェ難民として暮らす青年・江野祥平(宇野祥平)と出会い「事件そのものが神様のお告げだった」と奇怪な証言を得る。

フェイズ3「驚くべき真実」
被害者江野に残された刺し傷は、犯人・松木賢(野村たかし)の体にあった痣と同じであった。山梨県の御昼山、そこに謎を解くカギが隠されているに違いない。現地に向かった白石は、九頭呂岩の下に神代文字の刻まれた石碑を発見。文字に詳しい映画監督・黒沢清に解読を依頼したところ、黒沢は「神による大災害」を予言する。

フェイズ4「異次元 UFO 神様」
事件の後「奇跡が起こり始めた」と告白する江野は、白石に乞われてその数々をビデオカメラに撮影する。それはポルターガイスト、UFO、異次元生物など驚くべき映像の連続であった。江野の言動に不信を感じていた白石だが、徐々に友情に似た感情を持つようになる。そしてある日、江野が隠していた計画を知ってしまう。

フェイズ5「あの世の扉が開く」
江野の耳に聞こえる「自爆、殺戮、渋谷交差点」の声。それは神様からのメッセージだという。狂ったこの世から人々を解放するため、今やそれを実行しなければならない。その言葉に驚き葛藤しつつも江野の爆弾製造計画に巻き込まれていく白石。やがてその顔に浮かぶ恍惚の表情……。大量殺戮の瞬間が刻一刻と迫る。果たして二人の運命は――!?

※映画『オカルト』は、かつて昭和の若者たちを熱狂させた「オカルト系ドキュメンタリー番組」のいかがわしさ、ヤバい面白さをリアルに再現しました! インタビューには黒沢清、渡辺ペコなどの有名人が実名で登場するほか、個性派ぞろいの出演者たちが、フィクションと現実の境界を微塵も感じさせないスリリングな演技を披露します。そして注目の音楽を、小説、映画評論でも活躍の中原昌也(Hair Stylistics)が提供。まさに奇抜なコラボレーションによる「超問題作」です。

邦画

監督:白石晃士 出演:宇野祥平、野村たかし、東美伽、吉行由実、近藤公園

料金:施設参照

※表示されている料金は全て税込みです。
※やむを得ない都合により、開催スケジュール及び内容が変更になる事があります。詳細は各主催者へお問い合わせ下さい。

オススメ記事