渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

TIMELINE

渋谷×本

  • 2017-03-28 20:33:54 青山ブックセンター本店 川上未映子さん『すべてはあの謎にむかって』(新潮文庫)が入荷しました。日本経済新聞と、週刊新潮での”オモロイうっとりするようなロマンティックが爆発してる”エッセイをまとめたもの。まえがきから文庫愛の感じられる、「ひとつひとつの分量… https://t.co/s7DNIl4Tap
  • 2017-03-28 20:22:00 リトルモアWEB RT @matsurara: 「境界の町で」(岡映里)を読み終える。震災後、福島に取り憑かれたように通っう岡さんがすくいあげた現地の人たちの生き様や言葉は、人間讃歌というような意味合いから最も遠いところで人間的であり、魅力的だ。
  • 2017-03-28 20:20:11 リトルモアWEB RT @okaimhome: 悔しくて1年ぐらい恨んで暮らした。書けなくなったし。ジャンルとか狙いとかではなく、こういうふうにしかかけなかったからこう書いた。それが「境界の町で」です。私はいい本だと思ってます。ありがとう。
  • 2017-03-28 20:20:02 リトルモアWEB RT @okaimhome: 「<小説>と<ノンフィクション>のジャンルにまたがる本を書いても売れないし、置く棚に困るだろう」「私ノンフィクション…? 沢木のマネでもしたかったのか? 私の実感に伴ったノンフィクションを書いて成功したのは沢木しかいない。つまり、そういうジャンルは…
  • 2017-03-28 20:16:51 リトルモアWEB RT @dragon_boss: 『日本ノンフィクション史』。このくだりを読んで思い出したのは、岡映里『境界の町で』だ。あの本は間違いなく、ここに踏み出す一冊だったと思う。いま日本のノンフィクションは、文学と社会学との二つに分かれているような気がする。あくまで気だけだが。
  • 2017-03-28 20:16:42 リトルモアWEB RT @dragon_boss: 『日本ノンフィクション史』。開高健の『輝ける闇』執筆は、《丸谷の書いた「私小説という傷の上にノンフィクションというかさぶたをつける」のではなく、「人間の魂の内部をとらえる小説のほうへ」踏み出す作業だった》とするなら、いま流行りの真実ベースの映画…
  • 2017-03-28 19:54:12 青山ブックセンター本店 【残席僅少】4月23日 (日)15時〜 『文藝別冊 吉田戦車 大増補新版』『走れ!みかんのかわ』 刊行記念 吉田戦車さん トークイベント  スペシャルゲスト:江口寿史さん 当日のご購入特典「描き下ろし合作イラスト」をプレゼント… https://t.co/68T8XnSH9N
  • 2017-03-28 19:27:41 青山ブックセンター本店 【NEW】 TypeTalks分科会『欧文組版のABC』第7期「基礎から応用まで」 受付が始まりました! https://t.co/UhoyjMxlhP
  • 2017-03-28 19:13:35 COWBOOKS 街歩きエッセイの名著、ジェームズ・スティヴンスン「大雪のニューヨークを歩くには」は、何度も取り扱っている人気の一冊です。彼が手がけた絵本「ベッドのしたになにがいる?」も、ぜひ手にとってみて下さい。子どもと一緒に楽しめます。https://t.co/J60ltgi5xb
  • 2017-03-28 17:23:22 UTRECHT/NOW IDeA 【我們的獨家商品】ken kagami罐徽章。銷售一空對不起!?個人都來! ken kagamiデザイン缶バッジもculture&art book fair in TAIPEIにて先行発売します!… https://t.co/mW7CtxJTKJ

オススメ記事