渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

恒例の「100BANCH ナナナナ祭2019」、「昆虫食」「世にも奇妙な怪談ツアー」など多彩な企画

渋谷駅南エリア、渋谷川遊歩道沿いにある「100BANCH」(ヒャクバンチ)で7月6日〜14日までの期間、オープン2周年を記念したイベント「100BANCH ナナナナ祭2019」が開催される。

2017年7月7日に開設された同スペースは、「100年先の世界を豊かにするための実験区」としてパナソニック、ロフトワーク、カフェカンパニーの3社で運営を行うオープンイノベーションの拠点となっている。開設以来、ユニークなアイデアや技術を持つ若者たちが集い、新しい価値の創造に向けて多種多様なプロジェクトが同時多発的に進められている。

▲渋谷川遊歩道沿いの「100Banch」

今年の周年イベントは100BANCHに入居するメンバーのほか、ゲストアーティストを迎えて、「昆虫食」「モビリティ」「シェアリングエコノミー」「ウェルビーング」「STEM(ステム)教育」「サーキュラーエコノミー」「アート」「コミュニティ」など、多様なテーマで40を超える無料エキシビションや参加型のワークショップ、シンポジウム、音楽フェス、渋谷ツアーイベントなど様々なプログラムをそろえる。

中でも注目のコンテンツは、未来の昆虫食文化を体験できるイベント「WHAT’S NEXT? -新食視点-」。「虫をより美味しく、より適切に食べる」をテーマにした「昆虫レストラン」を実現し、特製の昆虫食プレート。昨年好評だったコオロギラーメンと、3種類の虫料理、虫を使ったスイーツやドリンクなどを提供する(7日12〜14時、17〜19時の2回開催、会費4,000円、定員各回16人)。

▲7日に開催する未来の昆虫食文化を体験できるイベント「WHAT’S NEXT? -新食視点-」

同じく「食」に関するイベントでは、地球の変化と食文化の進化を追うイベント「地球の味レストラン〜100年前から100年後まで〜」。「トーク」「ワークショップ」「レストラン」の3つのセッションで構成され、最終セッションの「地球の味レストラン」では、100年前の地球の味を再現した料理と共に、100年後の地球の味を予測した料理を食べながら語らい合う(13日10〜14時、会費3,000円、定員40人)。ウェイターが全員ミュージカル俳優のレストラン「Little Stardust Diner」(13日16時30分〜22時30分、ショーチャージ3000円、定員300人)、子どもたちによるフレンチトースト屋さん「polca食堂」(13日12時30分〜15時30分)など。

そのほか、ツアーガイドが引率しながら、渋谷川や並木橋エリア界隈の歴史や趣ある場所を案内する「世にも奇妙な怪談ツアー」(6・7日16:00〜/ 18:00〜/ 20:00〜 各回60分程度、  会費1800円、定員60人、要事前予約)、うどんアーティスト・小野ウどんさんが手打ちパフォーマンスを繰り広げ、音楽、空間、所作など、様々な要素と重なる「音楽と食の奇祭 うどんセレモニー」(7日12:00〜14:00 、 8日18:00〜20:00、会費2,000円、定員20人)、コンビニの未来を考える「未来のコンビニトーク」(8日19〜21時30分、無料、定員50人)、100年先も愛されるコミュニティについて考える「ファンコミュニティ 鳩首凝議」(6日16時30分〜18時30分、無料、定員50人)など、会期中は100Banch1F〜3Fまでの各フロアと屋外で多種多様なエキシビションやイベントが予定されている。

100BANCHナナナナ祭2019 開催概要
〇開催:2019年7月6日(土)〜7月14日(日)
〇場所:100BANCH(渋谷区渋谷3-27-1)
〇入場:無料(一部有料、チケット制)
〇主催:100BANCH ナナナナ祭実行委員会
〇公式:http://100banch.com/nanananasai/2019
〇協力:パナソニック/ロフトワーク/カフェ・カンパニー

オススメ記事