渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

レモン、チリソース、お出汁で味変できるオリジナル魯肉飯
/渋谷・しぶや花魁

東急文化村のすぐ先、道玄坂を上がったユーロスペースの向かいにある、和風テイストな赤い壁が印象的な「しぶや花魁」。DJ、プロデューサー等として活躍しているカワムラユキさんが手掛けるウォームアップバーとして人気の高い、このお店の魯肉飯が人気だということで取材に行ってきました!
店内は、ベンガラ(朱色)で、昼間でも妖艶な雰囲気が漂う。1階は、カウンターとハイテーブルが2席。壁面には、お酒がずらりと並んでいる。ランチ(11時〜15時)のメニューは、魯肉飯とトッピングのみ。
▲魯肉飯セット(1ドリンク付き850円)。
魯肉飯(ルーローハン)は、日本でも人気が高まっている台湾でのローカルフード。シンプルなだけに、いろいろとアレンジのし甲斐があるらしく、お店によって味もずいぶん違うのが特徴。こちら「しぶや花魁」の魯肉飯は、大きめにカットされた豚バラのブロックに八角と……このねっとりとした感じはテンメンジャン? いや、ちょっと違うコクと甘さを感じる。

「それは、ピーナッツバターですね」とシェフの香取さん。そうか、この鼻から抜ける独特の香りはピーナッツか!と驚いていると。

「最初は、ひき肉で作っていたのですが、やっぱり本場に近い豚バラのブロックをカットして使う方がいいなと思って改良しました。甘さはピーナッツバター、香りは八角、あとはフライドオニオン。それを数時間煮込んで作っています」
▲材料がわかるイメージ写真を送ってくださいました。 そこに乗せられるトッピング3種類。右上がネギ(+50円)、右下がパクチー(+50円)。そして、はずすことのできない煮卵(+100円)。パクチーは3cupまで増すことができるそう。

このトッピングの中だと、やはりパクチーが人気なのかと思いきや、「いちばん人気は、煮卵ですね。魯肉飯に欠かせないということもありますが、板前秘伝の味付けとなっていて、クセになるみたいで、卵をおかわりする人もいるんですよ」
全部乗せるとこんな感じ。ちょっと食べるのも大変なぐらいモリモリになっています。

「台湾人気から女性のお客様が多いように思われますが、けっこう男のお客様も多いんですよ。人気の秘密は、このボリューム感。あとは、味変ができることだと思います」
「味変」の秘密は、タイ料理などが好きな人にはお馴染みの「フラインググース シラチャー」とドリンクマグでサーブされる鶏のお出汁。

まずはチリソースで辛みをプラス、次に添えられたレモンをかけてみると、これがびっくり! コクのあるソースに酸味が加わり、爽やかな味わいに。ごはんも残り少なくなってきたところへ、お出汁を注ぐとピーナッツバターのソースがお出汁に溶け出していく。この3種類のバランスで、自分好みの味を作ることができるのだ。

オーナーのカワムラユキさんによると
「魯肉飯も、台湾で食べたものと同じように作ろうとすると大変ですよね。だからこそ、道玄坂っぽいアレンジが加えられている。夜のメニューでも、いろんなものが和風にアレンジされていたり、モヒートはミントがクラッシュされている。しぶや花魁では、どれもちょっとひと手間加えたり、何かがミックスされているんです」
18時から深夜までのナイトタイムは、2階もオープン。シーンの立役者やプロデューサー、若手アーティストなどの出会いや交流の場、また「渋谷発信の東京カルチャー」を産み出す場所としても人気だ。

「若いころから世界をいろいろまわっていたんですが、年を重ねていくにつれて今度は来てもらえる場所がほしいなと思うようになったのがきっかけですね。20代の頃に遊びに行った スペインのIBIZA島でクラブへ行く前や出演前のDJとダンサー、クラブには行けないけどユニークな仕事をしている方などが立ち寄ってくれるウォームアップバーを作りたいなと思ったんです。クラブでもダンスフロアーでもなく、語らいながら音楽を聴いたりお酒を飲んだりする場所。しかも、ちゃんと美味しいつまみがあれば最高だよなーとか、自分が求めた場所を作ったという感じですね」
お店の和風で妖艶な雰囲気は、日本人はもちろん外国人も魅了しているよう。

「渋谷は次々と建て替えていく感じがありますけど、外国の古い建物を大切にしている精神は素敵だなと思って、古民家をリノベーションして作ったんです。それが良かったのか、こういうビンテージな雰囲気を求めて外国人の方も多いですね。海外の昔の友達がたくさん来てくれて、紹介してまた来てくれるみたいな感じです」
また、お店には、随所にこだわりのある小物などが置かれていて、あれこれ気になってしまう。

「スタッフが夢中になっているものを広げていくことが多いんです。ランチの魯肉飯もそうですし、電子タバコ(写真左下)に凝っている子がいて、そこまで夢中になれるならとオリジナルのフレーバーを作ってみたり。しかも、DJをやってこともあり、合わさりそうにないものを合わせるのが好きなので、「ピーチとローズ」「パイナップルとラベンダー」「ザクロとジャスミン」(各2400円税別)みたいな不思議な組み合わせで作ったことで、ほかにはない味だと人気になったりしてます。こういうお店なんで、無理して続けていくんじゃなく、今やりたいことをやっていっているのがいいのかもしれませんね」

カワムラさんはダンスミュージック専門インターネットラジオblock.fmの毎週金曜日20時に放送している、テクノからハウスまで夜遊び前のウォームアップ音楽の番組「shibuya OIRAN warm up Radio」にも出演中。

しぶや花魁
〇住所:渋谷区道玄坂2-22-6
〇電話:03-5456-8782
〇営業:月〜土・祝11:30 - 15:00/18:00〜til Late
日18:00〜25:00
〇定休:不定休
〇公式:http://oiran.asia/

オオバリエ

楽しく美味しく食べることが好きで、魅力的なお店の情報を聞きつければ都内を中心に車を飛ばして行きまくり。憧れは海外旅行に行って美味しいものを食べまくることです。

オススメ記事