渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

行列が絶えない!ごろっとトッピングと濃厚ソフトクリーム/ 恵比寿・rue favart

恵比寿ガーデンプレイスのほど近く、ランチから深夜のお茶、さらにデートにも使える雰囲気のいい一軒家カジュアルフレンチのお店として人気の「rue favart(リュ ファーヴァー)」。
フランスのビストロのような3階建ての外観。入口には、ソフトクリームの絵が描かれた看板、ケーキのショーケースがお出迎え。ケーキも大人気で、週末は夜になる前に売り切れてしまうこともしばしば。

そんなrue favart のサマーシーズンに人気が高まるのが、ソフトクリーム。濃厚なミルクソフトに乗せられた素材を大胆に使ったワイルドなビジュアルが写真映えすると話題になっている。
▲「プレーン」をカップでオーダー
rue favartの店長・佐藤さんによると「お店のオープンは、1997年。すでに20年以上経っているので、創業当初とオーナーは変わっているんです。販売当初からソフトクリームは濃厚なのに口当たりは爽やかと人気があったのですが、昨年からメニューを大幅に増やしました」

定番の人気メニュー「プレーン」(400円)「チョコづくし」「サングリアジャム」「ナッツ&ラムレーズン」「ダークチェリー」(各500円)に加えて、「黒みつきな粉」「抹茶あずき」「さつまいも」「ベリー」(各500円)「ほうじ茶&オレンジ」(550円)に、季節ごとの限定味などが増えたそう。

「メニューを増やした理由は、選ぶ楽しさを味わってほしいという思いからです。次はあれを食べてみたいと思ってもらいたいので、見た目のインパクトにもこだわっています。お渡ししたときに“わーっ!”と盛り上がってくださると嬉しいですし、インスタにあげていただけてると、やった!と思います」

いちばん人気は、不動の定番「ナッツ&ラムレーズン」。
「続けて「ダークチェリー」ですね。それを追うように今年は「ほうじ茶オレンジ」が人気です」
▲「チョコづくし」「ナッツ&ラムレーズン」
「チョコづくし」は、チョコチップと板チョコ、チョコレートシロップがトッピングされていて食感の違うチョコ×チョコが楽しめる。そして、「ナッツ&ラムレーズン」は、ねっとりとしたラムレーズンとナッツ(くるみ)のカリカリとした食感が絶妙。ナッツは店内で炒っているのだそうだ。そこに濃厚なキャラメルソースの甘さが加わって◎。
▲「さつまいも」「抹茶あずき」
「さつまいも」はさつまいもをサイコロ状にカットしたものに、岩塩がふりかけられている。これが、思いもよらぬ美味しさ! 塩がおいもの甘さを引き立て、おいもの食感がソフトクリームをより濃厚に感じさせてくれます。これはクセになるかも。「抹茶あずき」の驚くべきは、あずきの量。抹茶とのタッグは、安心感あり。
▲「マンゴー」(夏季限定)「サングリアジャム」
「マンゴーソース」も酸味と甘さが絶妙なソースの中にごろっと果肉が感じられる。油断するとコーンから垂れちゃうぐらいた〜っぷりとかけてくれているのも嬉しい。「サングリアジャム」は、お店でサングリアを仕込んだときに出る果肉をジャムにしているそうで、サングリアを仕込むタイミングでしか出来ないため売り切れの日も多いとか。あったら、絶対に買い!
▲「ベリー」「ダークチェリー」
見るからにソフトクリームにぴったりな「ベリー」のソース。こちらも果肉たっぷり。「ダークチェリー」は、大粒のチェリーがごろごろ入っています。洋酒の風味とチェリーの酸味がやみつきになります。
▲「ほうじ茶&オレンジ」
人気急上昇中の「ほうじ茶&オレンジ」は、シロップ漬けにしたオレンジのシロップ漬けとほうじ茶のパウダーの組み合わせ。皮がついているので、甘さだけでなくちょっとした苦みもあって、ほうじ茶とぴったり。
▲無料のトッピング5種類
そして、rue favartソフトクリームの特筆すべきもうひとつは、トッピング。有料のものと、なんと無料のものが用意されている。
▲ポッキー、皮つきオレンジ、いちご、バルサミコ酢、チョコレートソース
「ソフトクリームは、バニラ味のプレーンのみですので、味のバリエーションは乗せるもので決まってきます。さらに、そこにトッピングを用意すると、自分だけのオリジナルの味を作る楽しみがあるんじゃないかということで提案しました」

ソフトクリームのバリエーション、トッピングを決める際には、スタッフ全員で試食会が開かれるのだそう。
「実は、rue favartの本社が、建設・リフォームをやっている会社なんです。なので、定例会議に参加されているリフォームの業者の方も一緒に試食して、味の評価をしていただいているんです。ソフトクリームのミルク感が濃厚なので、バルサミコ酢をかけるとチーズっぽくなるなんていうのは、会議での発見でした」

無料トッピングには「岩塩」「ごま」「オリーブオイル」という組み合わせによっては、とても美味しそうと思えるものから、「わさび」「しょうが」という飛び道具的なものも用意されている。
「トッピングを決めるときは、思いつく限りのありとあらゆる調味料を試したんです。びっくりするぐらい美味しくないものもありましたよ(笑)。わさび、しょうがは、賛否両論だったので、万人受けするわけではないけれど、ハマる人にはハマるのでは?ということで、0円で提供しています。“0円ならためしてみるか”と思っていただけたらうれしいですね」

ちなみに、ソフトクリームはすべて試食可能。また、増量も無料で受けてくれるので、たっぷりり食べたいという人は申し出てみよう。
「あと、たとえばベリーとさつまいもを合わせてみたいとか、チョコにラムレーズンを添えたいなんて要望にもお応えできますので、ご相談ください(金額は変わります)」
2階、3階は壁に描かれた絵が異国情緒を感じるおしゃれな雰囲気。ランチは11:30〜でお肉、お魚、パスタ、リゾット、丼が日替わりで提供されます。ドリンク、ミニデザートがついてどれも平日であれば1000円以内というコスパの良さで大人気! ディナーは、アラカルトで注文もできますし、デートで人気のシェフのおすすめコース料理(3800円)も用意されています。金土は深夜1時まで営業(食事は24時ラストオーダー)しているので、夜中にお茶がしたいというときにも使えるお店です。

取材していた平日の午後も、途切れることなくお客様がやってきていましたが、土日は、時間によっては20分待ちぐらいの行列ができるとか。また、店内でもソフトクリームを食べることができるが、イートインではなく、カフェとしての利用になるので、店内でワンドンクと共に注文する形になるそうです。

rue favart(リュ ファーヴァー)
〇住所:渋谷区恵比寿3-28-12
〇電話:03-5421-0688
〇営業:
 【月〜木】11:30〜23:30 (L.O.22:00)
 【金・土】11:30〜01:00 (L.O.00:00)
 【日】11:30〜22:00 (L.O.21:00)
〇定休:年末年始
〇公式:http://www.ruefavart.com

オオバリエ

楽しく美味しく食べることが好きで、魅力的なお店の情報を聞きつければ都内を中心に車を飛ばして行きまくり。憧れは海外旅行に行って美味しいものを食べまくることです。

オススメ記事