渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

渋谷川にカバ親子が出現!? ナショナル ジオグラフィックPRの一環で

渋谷川にタンザニア・カタビ国立公園から水を求めて逃げてきたカバが出現!?

ドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナル ジオグラフィック」の新番組『ホスタイル・プラネット 非情の惑星』のプロモーションの一環として、リアルなカバの造作物が8月24日(土)、25日(日)の2日間限定で渋谷ストリーム前の渋谷川・稲荷橋に設置される。

強い日差しで地表から水を奪うタンザニアの「長い乾期」を想定する同プロモーションは、「カバの親子が水場を求めて、タンザニア・カタビ国立公園から日本・渋谷に逃げてきた」というストーリー仕立てで展開。一刻も早く水に入らなければ、命の危険にさらされるカバの親子が、渋谷川で久々の水浴びに興じているシーンといえる。

新番組『ホスタイル・プラネット 非情の惑星』は、冒険家のベア・グリルスさんが、地球上の最も過酷な環境と、そこに生きる野生動物の姿に迫るドキュメンタリー番組だ。スカパー!、J:COM、ケーブルテレビ、IPTV、Hulu、U-NEXTなどで8月22日から毎週木曜日に放送を開始する同番組は全6話で構成。第1話「密林」では、ジャングルの生き物を取り上げる。急激な気候変動の影響で、近年ジャングルでは雨量や森林面積の減少など環境が激変。その中でたくましく生きるジャガーやオランウータン、そして菌類や昆虫などの様々な生き物を紹介する。第2話「草原」では、カバやゾウなど様々な生き物が、干ばつ、洪水など、年々過酷さを増す大地で必死に生きる姿を追う。全6話を通し、灼熱の砂漠や薄暗い密林、氷に閉ざされた極地などの厳しい土地で、それぞれの環境変化に適応しながら生き抜く野生動物たちのリアルな姿を届ける。

渋谷川・稲荷橋には、カバの親子の造作物と共にナショナル ジオグラフィックのロゴパネル(全3種)も登場。まるでナショジオ表紙のような写真が撮影できるという趣向だ。
8月24日(土)、25日(日)の2日間、カバと一緒にインスタ映えする1枚を撮ってみてはいかがだろうか。

プロモーション概要
〇設置期間:2019年8月24日(土)〜8月25日(日)12時〜18時
〇設置場所:渋谷川・稲荷橋(渋谷ストリーム大階段前)
〇番組公式:https://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2639

オススメ記事