渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

自宅から体験できるオンラインイベント会場「バーチャル渋谷」 With Corona時代のエンタメの楽しみ方

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、経済や文化活動が制限される現在、ライブエンターテイメントの発信地である渋谷は大きな打撃を受けている。こうした中で、自宅に居ながら様々なイベントの開催や参加が可能となる、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」が2020年5月19日、バーチャルSNS「cluster(クラスター)」上にオープンする。

運営はKDDI、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会などから組織される「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」。渋谷スクランブル交差点、SHIBUYA109など、渋谷駅周辺の街を再現した「バーチャル渋谷」では、アーティストのライブやアート展示、トークイベントなど、従来の渋谷で日々開催されていたイベントやコンテンツを、自宅に居ながらスマートフォンやPC、VRデバイスなどを使って「バーチャル渋谷」で参加・体験ができる。自分自身の分身であるアバターを使い、会場内を自由に歩きながら、他の観客と同じ空間を共有し、インタラクティブなオンラインイベントを楽しむことができる。

5月19日のオープニングイベントでは、最新作となるアニメーションシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』のPRを兼ねて、「攻殻機動隊」ファンであるSEKAI NO OWARI “DJ LOVE”やアンジュ・カトリーナ、若槻千夏、宇川直宏らがアバターとして登場。「バーチャル渋谷」のスクランブル交差点を会場として、「攻殻機動隊シリーズの魅力」をテーマにライブトークイベントを行う。

新しい取り組みについて、渋谷区の長谷部区長は「新型コロナウイルスの感染拡大で、生活に不自由をきたしている状況下であるからこそ、渋谷らしい解決策や動きが必要。第2の渋谷である『バーチャル渋谷』は、無限の可能性を秘めていると考えている。この状況を乗り越えるためではなく、渋谷がサスティナブルなカルチャー発信の先駆者となれるようチャレンジし続ける」と力を込める。

今後、同プラットフォームを活用し11月開催の渋谷区共催事業”SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020 (SIW)などのイベントを展開していくという。

オープニングイベント「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」
○テーマ:攻殻機動隊初心者講座と『攻殻機動隊SAC_2045』のココがスゴイ!
○日 時:2020年5月19日19:00〜19:45
○出演者:若槻千夏、SEKAI NO OWARI“DJ LOVE”、宇川直宏、アンジュ・カトリーナ
○参 加:参加はこちらから
※VRデバイス、スマートフォン、PC/Macから参加可。
※イベントの様子は、YouTube Live、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト 公式Twitterでも同時中継を予定。

オススメ記事