渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

渋谷、ハレとケ / Vol.8 April,2017「渋谷笑う春」

「渋谷、ハレとケ」では、渋谷の日常と非日常を写真で切り撮るフォトギャラリー。今回のテーマは「渋谷笑う春」。いつもは急ぎ足で通り過ぎる駅周辺も、目線の上に色づいた柔らかな春を見つけ、つい歩く速度をスローダウンしてしまう。張り詰めた緊張をほっと緩和させ、私たちの心を瞬時にほころばせる。「世の中は三日見ぬ間の桜かな」という言葉があるが、桜の花のごとく渋谷のまちも日々刻々と変化している。今回は再開発の進むまちの中で、のどかな春の景色を切り撮ってみた。束の間の春を桜花(謳歌)したい。

外国人観光客に大人気の「忠犬ハチ公」。像の前には順番待ちの列ができている。 桜とスクランブル交差点を一緒に眺められる穴場スポット。 桜丘はつい上を向いて歩きたくなる。 再開発が続く渋谷駅西口。今まで隠れていたものが見えて、意外な発見も。 のんべい横丁裏手の渋谷川の遊歩道。桜に誘われて、ちょっと裏道に入りたくなる。 花より団子。代々木公園入口付近。 満開の桜をバッグに自撮りする若者たち。 池の水面に舞い散る桜の花びら。 アイドルグループのコンサートを待つファンたち。

Osamu Matsuba

1972年東京都出身、井の頭線沿線で育つ。日本広告写真家協会正会員 東急ハンズと文化村がお気に入り。これからの渋谷の移り変わりを写真で表現していきたいと思います。

オススメ記事