渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

Where is HACHIKO? −ハチ公像はどこですか?

渋谷を代表する観光名所のナンバーワンといえば、誰もが知る「忠犬ハチ公像」だ。
今さら、語るまでもないだろう。とはいえ、初めて渋谷を訪れた訪日外国人旅行者や、地方からやってきた旅行者は、「ハチ公像」を見つけるのに意外に手こずるのだそうだ。

渋谷の街でツアーガイドするスタッフに聞いたところ、外国人旅行者からよく聞かれる質問のベスト5は下記の通り。

   1位:「ハチ公像」
   2位:「原宿までの行き方」
   3位:「寿司屋」
   4位:「東急ハンズ」
   5位:「ドン・キホーテ」


断然トップは「ハチ公はどこですか?」という質問なのだという。「すぐそこ、あなた後ろです」と答えると、「あっ、気が付かなかった」と驚く観光客が多いとか。確かに観光ガイド本の写真などで見る限り、ハチ公像をシンガポールのマーライオンくらいの大きさがあると勘違いしている人がいても不思議ではない。さらに待ち合わせの人びとでごった返すハチ公前広場の中で、小さなハチ公像を探し出すことは、思っている以上に容易でないことが想像できる。
そう考えると、「忠犬ハチ公像」の場所を示す「大きなサイン」が必要といえるかもしれない。

さて、渋谷の街全体を見渡すと、本物の「忠犬ハチ公像」以外にも「ハチ公」を模して作られた像などが結構多いことに気が付く。「渋谷らしさ」の象徴として、各ショップが独自に制作して設置したものだ。次に具体的に見ていこう。

◎タワレコ移転20周年を記念した「タワレコ・ハチ公像」
まず、タワーレコード渋谷店の店頭に鎮座するのは「タワレコ・ハチ公像」だ。音楽と犬といえば、かつてビクターのショップ店頭に置いてあったビクター犬「ニッパー」を思い出す人も多いと思うが、ここ渋谷のタワレコでは「タワレコ・ハチ公像」である。このハチ公像が登場したのは、今から2年前の2015年。もともとタワレコ渋谷店は札幌店に続き、1981年に2号店として渋谷・宇田川町がオープン。その後、1995年に現在の神南1丁目に大型旗艦店として移転している。ちょうど移転20年を経た2015年、様々な記念キャンペーンが実施された中で、「HA タ CHI(ハタチ=20歳)」というシャレも込めて「タワレコ・ハチ公像」が登場。
ちなみに「ハチ公像」が斜めっているのは、「タワレコ書体」に合わせて傾けているのだそうだ。

◎VANQUISH10周年を記念した「忠犬パチ公」
渋谷109MEN’sの3階フロアにショップを構えるアパレルブランド「VANQUISH(ヴァンキッシュ)」の店頭にも、「忠犬ハチ公」をデフォルメさせた像がある。2006年に渋谷にヴァンキッシュ1号店をオープン。2016年に10周年を祝し、旗艦店である渋谷店のシンボルとなる新キャラクター「忠犬パチ公」が誕生した。ちなみに、この作品を手掛けたのは若手の造形アーティスト・菊地貴也さん。
サイズや台座、ネームプレート、素材感、色味ともに本物に近いが、顔つきは本物よりも男(雄)らしさが滲み出ている印象だ。
さらにヴァンキッシュでは「ハチ公愛」の強さから、「ハチ公」をモチーフにしたスカジャンやTシャツ、キャップなどの商品も展開している。また今年は、夏季限定で渋谷109MEN’ s 1Fエントランスに「渋谷ハチ氷」をオープン。「ファイヤー通り(いちごミルク)」「雪の上のハチ(ミルククッキー)」「宮下公園工事中(ティラミス)」「今日も渋谷で5時(ミルクティー)」など、「渋谷」をテーマとした全7種のオリジナルメニューのかき氷を提供している。

◎街のにぎわい、千客万来の縁起物「手招きハチ」
今年5月に文化村通り沿いに、ドン・キホーテの旗艦店となる「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」がオープンし、大きな話題を集めた。実はこのMEGAドンキにも、新しい「ハチ公像」が登場している。その名も「手招きハチ」。演出家テリー伊藤さんが発案したと言われる同像は、本物の「忠犬ハチ公像」と同じく左耳は折れているものの、左前足は「手招き猫」のように挙げているのが特徴。高さは62センチで、本物のハチ公像とは異なり、カラー塗装で仕上げられている。
写真=東横ハチ公。2016年4月、生誕2周年でファッションショーで撮影
どちらかといえば、「忠犬ハチ公」よりも「東横ハチ公」に似ている気も…。ちなみに「手招きハチ」は、表玄関の文化村通り側ではなく、センター街側の裏玄関に設置されている。

◎ハチ公? 宮益御獄神社の珍しい「日本狼の狛犬」
最後はおまけ。宮益坂の途中に、長い歴史を持つ「宮益御嶽神社」がある。同神社の狛犬は、全国的に非常に珍しい日本狼の石像で、今から300年以上も前のもの。原形は破損が進んでいるため、現在は社務所内に置かれているが、社殿前には原形をもとに複製したブロンズ製の日本狼像狛犬が鎮座している。
両耳ともにピンとし、ハチ公よりもシャープで男前な顔立ちだ。

渋谷駅周辺の「ハチ公」を模した像を集めてみました。まさかとは思うが、外国人旅行者の中には、こうした「ハチ公像」を本物と勘違いしている人もいるかもしれない。街でそんな旅行者を発見したら、ぜひ本物を教えてあげてください。

編集部・フジイ

渋谷の記録係。渋谷のカルチャー情報のほか、旬のニュースや話題、日々感じる事を書き綴っていきます。

オススメ記事