渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

【SHIBUYA×MUSIC】渋谷ディスクユニオン店長に聞く!「いま一番売れているレコードは?」

渋谷と言えば、レコードの街として世界的にも有名だ。約20年前の全盛期に比べてお店の数は随分と減ってしまったが、昨今のレコードブームの再来を背景に再び活気を取り戻しつつある。

今回は、そんなレコードの街・渋谷に店を構えて42年の中古レコード・CDショップ「ディスクユニオン渋谷中古センター」に潜入。新たなブームを背景に、変わりつつあるショップについて取材してみた。
「ディスクユニオン渋谷中古センター」はその名のとおり、中古のレコードやCDをメインに取り扱うお店。レコードビギナーの登竜門であり、ここを契機にどっぷりとレコードの世界にはまっていった…という人は少なくない。

そんなディスクユニオン渋谷中古センターは、1年前にリニューアル。これまで3FフロアはCDとレコードの両方を取り扱っていたが、 いまは“レコード専門フロア”になっている。ラインナップは、洋楽ロックを中心に、日本のロックやポップスのレコード1万枚以上を誇る。

毎日店頭に買取りの持込みがあるため、中古レコードは毎日デイリーで入荷。「新入荷コーナー」は特に人気で、新しいレコードとの出合いを求めて、連日のように足を運ぶお客さんもいるとか。

そんなディスクユニオン渋谷中古センターで、一番売れているレコードを渋谷店店長の中野良亮さんに聞いてみると、ズバリ「ビートルズです」との答え。「いまだにビートルズは話題性に事欠きません。今年はアルバム『サージェントペパーズロンリーハーツクラブ バンド』リリースから50年。そういったアニバーサリーのタイミングで中古市場的にも盛り上がりを見せます」(中野さん)。

ビートルズコーナーは、フロアに入って左手側の丸々一角。約1000枚も揃えているというからその充実ぶりが分かるというもの。なかには、何十万円というレアものや、ブラジル盤、インド盤なんてものも!「レコードは同じ作品でも、作られている国や年代によって全然音が違うので、同じ作品でも聞き比べたくなりますよね」と中野さん。

一方、渋谷店の客層もやはりビートルズ世代かとおもいきや、40代の団塊ジュニア世代が中心。とはいえ、最近は若者がぐっと増えたそうだ。「アジアンカンフージェネレーションや、AKB48、Perfume、ももいろクローバーZといった若いアーティストがレコードをリリースするようになったことが大きな理由だと思います」と中野さん。
インバウンド効果で外国人観光客も多い。2Fから3Fに上がる階段には、壁一面に、アーティストのアルバムジャケットの写真が貼られている(圧巻!)のだが、外国人観光客はここをバックに写真撮影をする人が多いそうだ。ちなみに、この写真群はアーティストのファーストアルバムだけを集めたもの。分かる人には分かる、何ともニクい演出だ。

レコードの魅力をうかがうと、「古いレコードの中から、レコーディングの音や雰囲気がそのまま伝わってくる」と中野さん。また、60年代のモノラル録音盤はスピーカーから出てくる音の音圧が圧巻だそうだ。「手軽に音楽が聴ける時代だからこそ、1枚1枚、A面B面それぞれに針を落とすという動作も含めて特別感があります」(中野さん)。

今回、ディスクユニオン渋谷中古センターの店長&スタッフに、「最近リリースされたおすすめのレコード3枚」を選んでもらった。ディスクユニオンにあるレコードはほとんどが中古品だが、一部、新譜も取り扱っている。その中から3枚を厳選してもらった。レコードビギナーのはじめの1枚にいかがだろうか。

●ビートルズ「アビー・ロード」(DeAGOSTINI)
今年リリースされたLPで、中身はヨーロッパ盤になります。DeAGOSTINIという出版社から隔週で出ている「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」シリーズの第1弾で、レコードの解説書なども同梱されたボリューム感が嬉しいですね。1990円という比較的手頃な価格で発売されているので、これからビートルズを楽しみたいと思っている人も手に取りやすいと思います。シリーズはすでに第5弾まで発売されています。

●ポール・ウェラー「ア・カインド・レボリューション」(ワーナーミュージック・ジャパン)
来年1月に来日が決定している、イングランド出身のシンガーソングライター、ポール・ウ ェラーの最新作です。10インチのレコードが5枚入っており、A面、B面それぞれに1曲ずつの全10曲入りです。こちらは限定盤で、別にLPサイズもリリースされているので、コアファン向けですね。最近、海外作品のリリースに多い「ダウンロードカード」が入っているので、レコードと共にデジタル音源も手に入るという一挙両得な仕様になっています。

●原田知世「音楽と私」(ユニバーサル ミュージック)
「時をかける少女」など昔のヒット曲を中心に、アコースティックカバーしたセルフリメイク盤です。全10曲入りで、透き通った声と落ち着いたサウンドを楽しめます。レコードはジャケットが大きく、ビジュアルのイメージが広がる感じもまたいいですよね。最近レコードを買い始めた方の多くは、コレクトするだけじゃなくて、インテリアとして部屋に飾るなど、ジャケットも楽しむ方が多いように思います。

ディスクユニオン渋谷中古センター
〇住所:渋谷区宇田川町30−7 アンテナ21 2F/3F
〇営業:11:00〜21:00
〇電話:03-3461-1809
〇公式:http://diskunion.net/shop/ct/shibuya_used

田賀井リエ(代官山ひまわり)

代官山を拠点に活動するNPO法人「代官山ひまわり」。所属するママさんライターが渋谷情報をお届けします。

オススメ記事