渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

犬と一緒に優雅な時間を「過ごせる」フランス料理店 /代官山・ラブレー

階段を上がり花のアーチをくぐると、南仏を思わせるお花でいっぱいに埋め尽くされた可愛いテラスにたどり着く。テラスには、テーブルがピンクのテーブルクロスとシャツの形に整えられたナプキンで可愛くセッティングされている。店内も、お花がいっぱい飾られた優雅な空間になっている。
「約30年前、代官山駅から当店までの通りにはお店はほとんどなかったんです。料理と内容に自信があれば、お客様に来ていただけると思い、フランス風の中庭が作れる、この場所にオープンしました。その頃日本では、数少ないカジュアルにフランス料理が食べられるお店でした」と教えてくれたのは、オーナーの山田氏。

周囲には、だんだんとお店が増え、代官山、恵比寿と共に人気エリアとして栄えてきた。

「代官山は、大きなショッピングモールがある場所ではなく、いいお店が点在しているので、個々のお店の魅力をわかってくれているお客様が多いのかなと思います。昔は、本格的なフランス料理を求めてマダムやカップル、外国のお客様が多かったですが、最近は時代のせいか若いお嬢さんも多く来てくれているのが嬉しいですね」
テラスで出迎えてくれたのは、パピヨンのフランちゃんとサブレくん。驚くほど毛並みが美しい。
▲とっても美人なフランちゃん▲愛想がよくて元気いっぱいのサブレくん
オープン当時は、初代のスフレくんが看板犬として活躍。数年後、フランちゃんが迎えられ、代官山界隈を散歩する姿が可愛く写された2008年には『パピヨンと歩こっ! スフレとフランの代官山散歩』という写真集も出版されるほどの人気者に。その後、スフレくんが他界し、サブレくんが新しい家族になったそうだ。

「フランスでは、犬がお店に入れるのは当たり前のことです。なので、看板犬としてお店にいるのではなく、私の家族としてここで過ごしているという感覚です。ここは“ドッグカフェ”とは違い、“犬と一緒に過ごせるためのお店”ですので、最低限のしつけがされていることが前提だと思っています」

トイレがちゃんとできる、無駄吠えをしない、テーブルに手をかけないなど、人間と同じ場所で楽しく食事をするためのマナーが必要になってくる。

「せっかくのお休みの日には、美味しいものを食べる時間を愛犬と共有したいじゃないですか。そういう方に楽しく過ごしていたいと思っているので、すべてのワンちゃんを受け入れているわけではないんです。なので、ワンちゃんが同伴の場合は問い合わせでご確認してくださいとお願いしております」
▲お行儀よく椅子の上にちょこん▲カメラを向けると可愛らしい笑顔で挨拶
現在、フランちゃんは14歳。一緒にキャッチボールをするほどの元気さ。

「お客様の中には、19歳のチワワもいるほどで、僕に向かって元気よく走って来てくれたりします。最近は、犬もずいぶんと長生きになってくれてうれしく思いますね。僕の考え方としては、犬は二頭飼いにすることで、さみしさが軽減されると思っています。さらに、年齢差があれば、若い方から刺激をもらって若返っていくんですね。なので、フランとサブレも毎日必ずお店に来ているわけではないですが、お客様からリクエストがあれば、顔を出しています」
▲この足元が、またキュートで可愛い▲パピヨンの最大の魅力であるしっぽもふわふわ▲店内は優雅さでいっぱい
ランチタイムは、1990円(最初の小さな一皿、前菜、主菜、ワゴンデザート、コーヒーor紅茶)、3800円、4500円、6000円という本格的なものまでたくさんのバリエーションが用意されている。

ディナータイムは、充実のラインナップからアラカルトでもお楽しみいただけるが、シェフのおまかせスペシャルコースは7800円から10000円まで、幅広く好みにあわせて用意してもらえるので、ぜひコースを味わってほしい。
▲見た目も味も本格的
ラブレーの代名詞といえば、なんといってもワゴンデザート。すべて手作りのオリジナルデザートを、お好きなものを好きなだけ取り分けてくれる。お腹いっぱいになっても、ついついたくさん選んでしまう楽しさがある。
山田さん自ら、お手入れをしているテラスガーデン、店内のお花も、ラブレーの楽しみのひとつでもある。

「フランスでは、どこの家庭でも普通にお花を美しく咲かせています。なので、この美しさを保つためにこの立体的なプランターもフランスから輸入していますし、全体の構図なども季節ごとに花を入れ替え、土の管理など愛情たっぷりで育てています」

最近では、レストランウェディングでも大人気。ワンちゃんと一緒のウエディングパーティも喜ばれているようです。美味しい料理と花々に溢れるラブレーで、ぜひ愛犬との楽しい時間を楽しんでほしい。

ラブレー
〇住所:東京都渋谷区恵比寿西1-30-13 203
〇電話:03-3780-3090
〇営業:
 ランチ 12:00〜15:00 (L.O.14:30)
 ディナー18:00〜22:00 (L.O.22:00)
〇定休:水曜日
〇公式:http://www.rabelais.jp

オオバリエ

楽しく美味しく食べることが好きで、魅力的なお店の情報を聞きつければ都内を中心に車を飛ばして行きまくり。憧れは海外旅行に行って美味しいものを食べまくることです。

オススメ記事