渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

デヴィッド・リンチ展

上映・公演は終了しました。

デヴィッド・リンチDavid Lynch I go to my house 2012
courtesy item editions

鬼才デヴィッド・リンチ監督の新作版画・写真展「デヴィッド・リンチ展」が2014年6月25日〜7月14日までの期間、渋谷ヒカリエ8Fギャラリースペース「8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery」で開催されている。

「イレイザーヘッド」「ツイン・ピークス」「マルホランド・ドライブ」等の映画で知られるデヴィッド・リンチ監督。映画監督のほか、若いときから絵画や写真、アニメーションなど、独自の表現活動を続けているアーティストとしても知られる。2007年に開催されたパリのカルティエ現代美術財団での個展は大成功を収め、日本では1991年、東京の東高現代美術館にてペインティングとドローイングの展覧会を開催。2012年にラフォーレミュージアム原宿、渋谷ヒカリエの同ギャラリーで水彩やドローイング、リトグラフなどを中心とした作品を紹介し、大きな話題を集めた。また、今年7月から10月にかけ、六本木にある「21_21 DESIGN SIGHT」で企画展「イメージメーカー展」に作品の出展を予定するなど、アーティスト活動を精力的に続ける。

2012年6月以来、2回目となる同個展では、工房の版画の機械と裸婦をモチーフに撮影した写真シリーズ「NUDE - ATELIER IDEM 2012」や、リトグラフ版画を中心に近作を紹介している。入場は無料。

才能豊かなデヴィッド・リンチ監督の世界を体感ください。

画廊・ギャラリー

デヴィッド・リンチ

料金:無料

※表示されている料金は全て税込みです。
※やむを得ない都合により、開催スケジュール及び内容が変更になる事があります。詳細は各主催者へお問い合わせ下さい。

オススメ記事