渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

『SWEET BEAT』特別披露上映

上映・公演は終了しました。

2008年/日本/79分

バブル期のバンドブームから全国のライブハウスは爆発的に増えた。
バブル崩壊後、それらのライブハウスは多少の紆余曲折はあっても、いくつかはたくましく存続し、現在もなお多くのライブハウスが全国に点在している。

それらのライブハウスを支えているのは、無名だが無数のインディーズ・ミュージシャンたちである。
普段、バンドのメンバーはアルバイトをしながら生計を立て、週に何度かスタジオに集まっては自分たちのサウンドを整えていく。
そして、ライブ出演はお金を払ってステージに立つのが最初の基本である。
到底、しっかりした気持ちがないと続かないバンド活動である。

そんな彼らを追いかけてみたい、本当の姿を映してみたい、我々はそう考えた。
日常の表情、ステージの裏側、彼らの心の奥底にある本音、考え方…。
それらをドキュメンタリーとして描いてみよう、と思ったのがこの映画のそもそもの始まりであった。

そこで、ある男にバンドを紹介してもらった。
それが、RED HOTS…。

RED HOTSはリーダーのCHIMOと、彼女の弟へび丸、そして2006年、新たなベーシスト、NAMAを迎えて、ミニ・アルバム“レザーハンカチーフ”を製作。
メロディアスなロックンロールが散りばめられたオリジナル曲ばかりのアルバムである。
そのアルバム発売を引っさげて、彼女たちは全国ライブツアーを行った。

リーゼントに皮ジャン。
3人ともスラリと背の高い彼女たちは、カッコいいと男女関係なくファンに思わせる。
ステージ上は彼らも普段の顔とは別人のプロの表情だ。

全て自腹でツアーを行わなくてはならない彼女たちにとって、全国を回ることは簡単なことではない。
しかしながら、その苦労など微塵も表には出さない。
インディーズ・バンドにとっては、金銭的に苦労して当たり前。
とでも言わんばかりの彼女たちには、暗い顔をしている暇はないのだろう。

福岡、広島、岡山、大阪、名古屋、長野、新潟、仙台、そして、CHIMOとへび丸の故郷、札幌…。
へび丸運転で移動する彼らはライブを一つ消化するたびに、また一段、成長していく…。
いつかもっと大きな舞台へ翔んでいくであろう彼女たちのここが原点になるであろう…。

邦画

監督:草加茂裕 出演:CHIMO、NAMA、へび丸、marimo

料金:当日1,500円
前売1,300円

※表示されている料金は全て税込みです。
※やむを得ない都合により、開催スケジュール及び内容が変更になる事があります。詳細は各主催者へお問い合わせ下さい。

オススメ記事