渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

平成最後の「東京レインボープライド2019」開催、m-flo、青山テルマらのスペシャルライブも

「生」と「性」の多様性を祝福する啓発イベント「東京レインボープライド2019」が2019年4月27日(土)〜5月6日(月・祝)まで、代々木公園を中心に開催される。主催は特定非営利活動法人 東京レインボープライド。

LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)をはじめとするセクシュアル・マイノリティ(性的少数者)が差別や偏見にさらされることなく、当たり前に生きていける社会の実現を目指す同イベント。1994年8月に新宿中央公園から渋谷宮下公園まで、レインボーフラッグを掲げてパレードをしたのが、日本初のプライドパレード。当日の参加者は約1000人。2012年4月からは代々木公園を拠点とし、年々知名度や参加数が増加。国内外の大手企業から過去最高の278(昨年は213)の協賛を得るなど規模を一気に拡大し、今年の動員数は150,000人を超える見込み。

平成最後の今年は「I HAVE PRIDE あるがまま誇ろう」をテーマとし、原点回帰の意味を込めている。メインイベントとなる「プライドフェスティバル」は4月28日(日)・29日(月)の両日、代々木公園イベント広場と野外ステージで開催。主な出演者は、同イベントの公式ソングを手掛けたm-flo(28日)、シンガー清貴さん(28日)、青山テルマさん(29日)、さかいゆうさん(29日)、佐藤タイジさん+辻コーススケさん(29日)、清水ミチコさん(29日)、水曜日のカンパネラ(29日)、中村中さん(29日)らのほか、ドラァグクイーンショーなど、2日間合わせて様々なライブパフォーマンスが繰り広げられる。

メインステージと共に、毎年イベントの核となるのが「パレード」(28日14時開始)。レインボーカラーに装飾された「フロート」と呼ばれる山車がパレード参列者を先導し、参加者は思い思いの装いで、音楽に合わせて渋谷から原宿の街を行進する(ルート:渋谷区役所前交差点→公園通り→神南一丁目交差点→神宮前六丁目交差点→明治通り→明治神宮前交差点→神宮前交差点→代々木公園原宿口)。フロートの数は昨年の37から52に大幅に増え、今年は10,000人以上の参加が見込まれ、過去最大の盛り上がりとなりそうだ。

▲昨年のパレードの様子。写真は公園通り。

代々木公園のほか、4月27日〜5月6日までの期間、東京都内では「PRIDE WEEK 10DAYS」として様々な関連イベントが行われる。中でも渋谷かいわいでは、SHIBUYA109イベントスペースで28日にGAYSHA GALsらが出演するライブイベント「SHIBUYA109 RAINBOW STAGE」(11時〜12時/入場無料)、 MAGNET by SHIBUYA109で29日に田中知之さん(FPM)が出演するクラブパーティ「PRIDE FESFIVAL AFTER PARTY」(18時〜22時/2,000円)、30日にりゅうちぇるさん、ぺぇさんが出演するトーク&DJパーティー「Youth&Family Pride」(13時〜17時/入場無料)、30日にクラブパーティー「平成最後夜PRIDE FESFIVAL AFTER PARTY」(18時〜22時/入場無料)が開催。人気タレントやDJ、ドラァグクイーンなど豪華メンバー集結して渋谷のまちを盛り上げる。

ひと昔に比べてLGBTに対する理解が深まっている昨今ですが、互いの生き方を尊重し合える社会の実現について、じっくりと考えてみる1週間にしてみてはいかがでしょうか。

フェスタ「東京レインボープライド2019」
○日時:2019年4月27日(土)〜5月6日(月・祝)
〇会場:代々木公園、都内・全国の協力施設・公共スペース等
〇料金:無料 ※一部有料イベントも有り
〇主催:特定非営利活動法人 東京レインボープライド
○後援:渋谷区
○公式:http://www.tokyorainbowpride.com/

オススメ記事