渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

インバウンドに向け、ハンズ渋谷に「渋谷土産」コーナー限定オープン

近頃、右を見ても左を見ても訪日外国人旅行者を見かけます。 渋谷は特に外国人旅行者を多く見かける街の一つではないでしょうか。 そんなインバウンド需要に向けて、東急ハンズ渋谷店の1Bフロアでは8月20日まで、スーベニアコーナーが展開されているそうです。早速、行って参りました。

| 「らしさ」あふれる渋谷区観光協会による渋谷土産

まず、どどーんとお出迎えしてくれるのは、ワンコのぬいぐるみ。 愛らしい顔に癒されます。

▲つい撮影したくなるかわいさ! 撮影後SNSでのシェアも呼びかけています。

そして、ワンコに負けないくらいの癒し系、東急ハンズ渋谷店・橋本さんにお話を伺いました。

東急ハンズ渋谷店では、以前から外国人旅行者がMADE IN JAPANのアイテムを求めて来店することが多く、インバウンドの売上げが全体の10%にもなるほど。 キッチンツールや文房具などはそれぞれ専門フロアがありますが、いわゆるお土産グッズも一緒にハンズ内で手に入れば良いのでは、と言うことで期間限定のスーベニアコーナーが作られたのだそうです。

▲日本らしいグッズが並んでいます。

そのスーベニアコーナーでお出迎えしてくれる先ほどのワンコは、「SHIBUYA♡HACHI(シブヤ・ラブ・ハチ)」と言いまして、渋谷区観光協会の公式キャラクターなのです。

そんな「SHIBUYA♡HACHI」グッズのコーナーも。

中でもキーホルダーが人気なのだとか。

▲「SHIBUYA♡HACHI キーホルダー」680円(税抜)

「SHIBUYA♡HACHI」ぬいぐるみの足元にも気になるものが。

▲裏側には忠犬ハチ公像がプリントされています。「渋谷御守」926円(税抜)

「渋谷御守」は一般財団法人渋谷区観光協会が自主制作したもの。 お気付きかもしれませんが、この御守りは渋谷のシンボルであるスクランブル交差点がモチーフとなっています。

なぜ、スクランブル交差点なのかと言うと……
あのスクランブル交差点は毎日あんなにたくさんの人か行き来するのに(1日約50万人!!)、人身事故はほぼゼロなのだそうです。そのことから人間関係のもつれや、様々な災難に「ぶつからない」ことが祈願されているとか。

これはお土産ならずとも、自分用やプレゼント用に欲しいですね。

| ハンズ目利きの日本土産も見逃せない!

渋谷土産以外にも、日本らしいお土産がたくさん並びます。

▲こちらは岐阜県の美濃和紙を陶器に手貼りした「美濃まねき」

招き猫やダルマなど、“The日本”な物もあるのですが、伝統的なものから注目の作家さんのものまでセンスよく集められているところが、さすがハンズ!

▲猫とダルマが一体化!? 可愛すぎる「猫リョーシカ」

こんなに可愛いものもあって、またまたお土産とは言わずインテリアとして自分用に欲しくなってしまいます。

| 歴史好き、戦国好きはアガる!兜キャップ

選りすぐりのグッズの中から、私が一番テンション上がってしまったのがこちらの兜風のキャップです。

▲インバウンド一番人気は徳川家康(一番手前)だそうです。「兜キャップ」各8,500円(税抜)

ウレタンで出来ているので、実際に被ってみてもとても軽く、万一誰かにぶつかってしまっても安全です。兜部分はスナップで着脱可能なので持ち運びも便利。普段は普通のキャップとして使って、ここぞと言う時だけ兜バージョンにするのもよし。

これまたお土産としてだけではなく、歴史好きな人にはたまらない逸品なのではないでしょうか。

さて、見れば見る程は気になるものがザクザク出てくるスーベニアコーナーですが、先程もお伝えした通り8月20日までの期間限定です。

自分用に欲しくなる物もあり、見ていてとてもワクワクしたり、発見があったり。そんなスーベニアコーナーをお見逃しなく!

東急ハンズ渋谷店
〇住所:渋谷区宇田川町12-18
〇電話:03-5489-5111
〇営業:10:00〜21:00
〇公式:http://shibuya.tokyu-hands.co.jp/

佐々木那都美(代官山ひまわり)

代官山を拠点に活動するNPO法人「代官山ひまわり」。所属するママさんライターが渋谷情報をお届けします。

オススメ記事