渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

【Shibuya Travelers Guide】原宿のど真ん中で抹茶を通じたホスピタリティーを楽しむ/原宿・THE MATCHA TOKYO

神宮前駅から徒歩3分ほど。「THE MATCHA TOKYO」は、その名の通りこだわりのオーガニック抹茶を使ったバラエティ豊かなドリンクが楽しめる抹茶専門店だ。

店内に入るとすぐに目に入る「抹茶好き」という達筆な筆文字。さらに、カウンターには茶釜が置いてあり、店員さんが優雅にお茶を点てる姿を見ることができる。

代表取締役の長田さんにお話しを伺った。
「長く海外に住んでいたのですが、2年ほど前に日本に戻った際に、いいご縁がありお茶農家さんと知り合いました。それがきっかけとなり、海外の方にもっとお茶の素晴らしさを伝えられないかと考え、美味しい有機栽培の茶葉を作っている農家さんはないかと探し始めました。静岡、京都、九州とまわり、有機栽培でやってらっしゃるところでも、煎茶では美味しいんですが抹茶にすると渋みが強く、僕自身が納得がいかないということが続いたんです。結果、京都の宇治と鹿児島の農家さんと一緒にゼロから新しい茶葉を作ることになったんです」

「海外の方は抹茶が好き」と思い込んでいたのだが、それはお菓子などに使われているフレーバーの話で、実際にお茶を飲んだことがあるという外国人は少ないという。

「いくつもの海外をまわってきましたが、煎茶は飲んだことがあっても抹茶はないという方がほとんどだと思います。なので、日本でカジュアルに美味しい抹茶を楽しんでもらえる専門店を作ろうと考えました。しかし、お茶を点てるなど本格的なことをするといきなりお茶に対する敷居が高くなってしまう。なので、気楽に入れてテイクアウトもできるお店を原宿にオープンさせようと思ったのです」

茶釜からお湯をすくい、器へ。香り高い京都宇治産に力強い味わいが特徴の鹿児島産抹茶3種をブレンドした、オリジナルブレンド「JAPAN PREMIUM」を入れる。

茶せんを使い抹茶を点てる。店頭とはいえ、その姿は、本当に優雅だ。

MATCHA EXPERIENCE 1,000円(税別)

すっきりしながら味わい豊か。鼻から抜ける抹茶の香りがゆったりとした気持ちにさせてくれます。(この器から、カップに移してくれます)

抹茶コーヒーラテ 600円(税別)/抹茶ソフトクリーム

「抹茶の次に人気があるのが、抹茶コーヒーラテです。私がコーヒー好きなもので、抹茶と組み合わせてみたらおもしろいんじゃないかと提案しました。ドリンクによって茶葉の配合を変えているんです。ストレートで飲むものは、できるだけ渋みを抑えたいので、すっきりとした味わいになるように石臼でゆっくりと挽いています。ラテは、鹿児島産の茶葉を3種類配合して、ミルクに負けない強さを配合しています。抹茶のソフトクリームやお菓子などは、ほかの味に負けないようにあえて苦みを出す配合にしています」

抹茶コーヒーラテは、飲んだ瞬間、コーヒー豆の苦みがあり、その後抹茶とミルクの甘みが追いかけてくる。不思議だけれどクセになる美味しさ。ソフトクリームは、はちみつが入ったコーンからほんのりと甘みが感じられてしっかりとした抹茶の味とさっぱりした後味にうまくマッチしていた。

オフィシャルサイトが英語、中国語に対応しているだけあり、20名のスタッフほとんどが英語を話すことができるそう。さらに、中国語対応ができる台湾のスタッフ、タイ人スタッフもいるそうで、取材中も海外の方が続々入店し、メニューやお土産、お茶の種類などについて英語で質問されていました。

「初めて抹茶を飲んだ海外の方からは、もっと苦みや渋みがあると思っていたと言われます。茶葉に含まれているカテキンには、老化防止や血圧、血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。また茶葉が持つ殺菌作用により、口臭や虫歯を予防する効果があると言われ、美容と健康の面から注目をされていますので、そういう面からも興味を持ってくださるといいですね。実は驚くことに茶せんが、月に20〜30本売れるんです。茶器も売ってほしいとリクエストがあるので、ここで抹茶を知ってもらい、ホームカントリーに帰ってご自宅で楽しんでもらえたらさらに嬉しいですね」

気軽に楽しめるようにと京都宇治産の品種・さみどりと品種・おくみどりが持つ、旨味と渋味のバランスがとれた抹茶を使ったお湯に溶くだけのスティックタイプ(1.5g×3個)をはじめ、店頭では様々な商品も販売している。

THE MATCHA TOKYO 表参道
〇住所:渋谷区神宮前6−6−6
〇営業:11:00〜20:00(L.O19:30)
〇公式:https://www.the-matcha.tokyo
★9月より新宿NEWMONにも出店

オオバリエ

楽しく美味しく食べることが好きで、魅力的なお店の情報を聞きつければ都内を中心に車を飛ばして行きまくり。憧れは海外旅行に行って美味しいものを食べまくることです。

オススメ記事