渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

ビブグルマンを2年連続獲得した按田餃子。地域密着から世界へ−代々木上原・按田餃子

餃子ブームとなって久しい、昨今。炭水化物、たんぱく質、ビタミンが一度に摂れる完全食だなんてことも言われているだけあり、お店によっていろいろな餃子が生み出されています。渋谷区にもたくさん餃子の美味しいお店がありますが、今回はミシュラン・ビブグルマン(5,000円以下でコースや単品料理などの食事が楽しめる、コストパフォーマンスの高いおすすめのレストラン)に2年連続で選ばれた按田餃子さんを訪問。

代々木上原駅から徒歩2〜3分ほど。料理研究家の按田優子さんがレシピ本の撮影の際に作った水餃子があまりにも美味しかったことから、カメラマンの鈴木陽介さんの勧めにより、共同で立ち上げたのが、こちらのお店。なぜ、代々木上原という土地を選んだのかをスタッフの北村さんに聞いてみると。 「按田と鈴木が手掛けた『冷蔵庫いらずのレシピ』の出版記念イベントを「hako gallery」(代々木上原)さんでやったことも含め、鈴木の拠点であった代々木上原に美人を増やしたいという理由で、ここに決まったそうです」

餃子の皮には有機ハトムギが練りこまれていたり、調味料もすべて手作り。餃子だけでなく、おつまみの具材もここでしか食べられない組み合わせばかり。たしかにこれを食べていたら腸内美人になりそうな気がします。オープンから4年、客層も少しずつ変わってきているのだとか。
「当初の狙い通りに、ひとりでふらっと来てくださる女性の方も多いのですが、下は2歳。上は80代、男性がグループで来てくださるなんてこともあります。予想外だったのは、外国の方が多かったことですね。大使館が多いということもあるんですが、おもしろがってくれたようです」
アジアの匂いを感じさせる入口を開けると、店内は7席ほどのカウンターと奥にテーブル席がひとつ。調味料が飾られた棚、調整中の古い時計、壁には効能などが書かれた紙が貼られており、異国情緒漂う独特の空気感だ。
「上海や台湾の雰囲気がするとおっしゃる方が多いんですが、鈴木によるDIYで作られたものなので、どこかをイメージしてというものではないようです。貼っているポスターはスペイン語のものですし、見せる収納とは名ばかりで、必要なものを置いているだけですしね(笑)」
注文して待っている間、店内を見渡しているだけでも楽しめますよ。
今回注文したのは、餃子4種にラゲーライス。さらに「何かお勧めの飲み物を」とお願いしたところ、きくらげドリンク「木耳汁」を出してくれました。このドリンク、見た目ドロッとした印象なのに、飲むとびっくりするさわやかさ。海藻を食べたときのようなちょっとした渋さはあるのかと思いきや、逆にクセのなさに驚かされるほど。思わず、「美味しい!」と口にすると「予想外の美味しさですよね」と北村さんも笑う。ごくごくいけちゃいます。
「ラゲーライス」は、たまねぎと金針菜(キンシンサイ)、きくらげの入った豚の煮込み、生姜の千切りがたっぷりとハトムギご飯の上に乗っています。醤油ベースの日本的な味わいに八角がふんわりと鼻をかすめアジアンテイストを感じさせたかと思うと、きくらげのちゅるりとした食感がまた次のひと口へとつなげていく。止められない美味しさでした。すでにお分かりかと思いますが、ラゲーライスのラゲーは、きくらげーのラゲー。このセンスが、またいいですよね。
そして、ついに餃子へ。まず、餃子の皮がグレーがかっていることに驚く。これは、有機ハトムギを殻ごと粉末にして皮に配合してあるのだそう。「助けたい 包みたい」が合い言葉の按田餃子。ハトムギは血液浄化作用があり、美肌効果がある食材としても注目されていることから、デトックス水餃子と呼ばれているのだとか。
4種類の餃子は、「鶏肉×白菜と生姜」(左上)「鶏肉×香菜と胡瓜」(右上)「豚肉×大根と搾菜(ザーサイ)」(左下)「豚肉×カレー風味と人参」(右下)とかなり個性的な具材。厚めの皮で、しっかりと具材を包み込む帽子型で作られています。
「白菜と生姜」は、シンプルながら白菜のシャキシャキ感と香辛料が口に広がり、最後に魚醤の風味が鼻から抜けていく。「香菜と胡瓜」は、何もつけずにパクチーの香りを楽しんでほしい一品。「大根と搾菜」は、シャキシャキとした搾菜が絶品! 「カレー風味と人参」は、馴染みの味のはずが口に入れた瞬間、スパイシーさではなくしっかりとした辛さと旨みで、もっともっととなってしまいます。実は、もっとあっさりとしていてスパイスが口に残る薬膳的な味を想像していたのですが、お肉のジューシーさとそれぞれの具材の味が口の中に広がり、次々に食べ進められちゃう美味しさでした。

「よく言われます。あっさりしているのかと思いきや、結構しっかりとした味なんですねって。よく、どこの地方の料理なんですかと聞かれるんですが、すべて按田のオリジナルレシピなんです。食材の効能が健康や美容につながればいいなとは思いますが、薬膳や健康料理ではないので。私たちの想いは、あくまでも『助けたい 包みたい』というもの。美味しい! と食べてくれれば嬉しいです」
ビブグルマンに選出されたとき、店主を含め全員が本当に喜んだそう。その影響もあり、やはり昼時や土日は行列ができるほどの人気。しかし、「アイドルタイムなしの通し営業だということを御存じない方が多いようで、15時ぐらいから夕方前にかけては、割と空いていたりします」とのこと。持ち帰り専用の窓口もあるので、そちらを利用するのも手かもしれない。奇をてらった変わり種ではなく、愛情を感じる唯一無二の品々。ここでしか食べられない料理のために、ぜひ代々木上原に足を運んでみてほしい。

按田餃子
○住所:渋谷区西原3-21-2 1F
○電話:03-6407-8813
○営業:11:30〜23:00(L.O.22:30)
○定休:火曜日
〇公式:http://andagyoza.tumblr.com/

オオバリエ

楽しく美味しく食べることが好きで、魅力的なお店の情報を聞きつければ都内を中心に車を飛ばして行きまくり。憧れは海外旅行に行って美味しいものを食べまくることです。

オススメ記事