渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

SPECIAL 旬の渋谷を感じるカルチャー特集

街の歴史やカルチャー、エンターテインメントなど、独自の視点と切り口から渋谷のトレンドを特集企画として紹介します。

さよなら、僕らが愛した“かまぼこ屋根”の東横線渋谷駅

1927年(昭和2年)8月28日、東京横浜電鉄(現、東急電鉄)が渋谷−丸子多摩川間の9.1キロを開通し、渋谷と神奈川間をつなぐ全長23.9キロの夢の新路線「東横線」が誕生。それ以来、東横線渋谷駅は「ターミナル駅」として早朝から多くの人びとを見送り、そして終点として深夜遅くまで多くの人びとを迎えてきた。その利用者数は1日に約44万人を数える。ほとんどの人びとにとって駅は、ほんの一瞬過ごすだけの場所かもしれません。でも、ここを起点に、ある人は渋谷で働き、ある人は渋谷で学び、ある人は渋谷で遊び…。そのひとり一人が「東横線渋谷駅」という共通の接点を持ちながら、「渋谷の街」へ飛び出していき、そして、また帰ってくる。駅は単なる「プラットホーム(Platform)」ではなく、私たちをいつでも温かく迎えてくれる「住まい」や「故郷」のような存在といえる。そう、駅は私たちの「ホーム(Home)」なのだ!

いよいよ2013年3月16日に東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が開始し、東横線渋谷駅が地下化。同時に長年愛され続けてきたターミナルの「東横線渋谷駅」が85年間、3月末には駅と直結するデパートとして親しまれてきた「東急東横店東館」が78年間の歴史に幕を下ろすことになる。そこで今回の渋谷文化では、渋谷の街の顔であった「東横線渋谷駅&東急東横店」の歴史やエピソードを振り返ってみたいと思う。

1番線:学んでみよう

「東横線渋谷駅」と「東急東横店」のヒストリー 1927-2013「東横線渋谷駅」「東急東横店」トランスフォームの変遷

1と3/4番線:番外企画

ホンマでっか!? 渋谷駅 〜 東横線渋谷駅 & 東急東横店にまつわる雑学14連発

2番線:聞いてみよう

中井精也さん(鉄道写真家) 毛内定夫さん(東横線渋谷駅・駅長) 中井精也さん 毛内定夫さん

3番線:歩いてみよう

渋谷駅ー代官山駅間、高架下を歩いてみよう!

4番線:作ってみよう

特別付録 − 人気の東横線車両&渋谷駅駅舎をペーパークラフトでつくってみよう!

オススメ記事