渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

SPECIAL 旬の渋谷を感じるカルチャー特集

街の歴史やカルチャー、エンターテインメントなど、独自の視点と切り口から渋谷のトレンドを特集企画として紹介します。

【etc.】その他 再開発

トップに戻る

宮下町アパート跡地 2016年度 開業予定|DATA 地上17階・地下3階・高さ約69m

クリエイター向けの住戸や支援施設が誕生

宮下町アパート 完成予想図

明治通りとキャットストリートの合流地点にあった都営宮下町アパートの跡地の開発も、いよいよ始動する。「クリエイティブ産業の街“渋谷”を世界に発信するクリエイターズ・プラットフォーム」をコンセプトにした複合ビルが、2017年度に完成する予定だ。

クリエイターの多様なニーズに応える住戸、クリエイティブ産業をサポートする施設を核に、オフィス、商業施設が入るという。渋谷・表参道・原宿をつなぎ、人の流れを呼び込む機能が期待されており、キャットストリート側には広場が配置されることになっている。

宮下町アパート 写真

【左】1階路面に店舗を連ねる「都営宮下町アパート3号棟」は2014年4月から解体が着工し、すでに解体が終了している。
【右】かつて1ー3号棟(1、2棟は解体済み)の中央には「子どもの遊び場」があった(撮影:2008年6月)。

神宮前五丁目ほかエリア

こどもの城、青山病院跡地の行方は?

こどもの城 写真

明治通り・表参道・青山通りで囲まれたトライアングルエリアは、渋谷宮下町計画も含め、複数の大型再開発案件が進行、もしくは予定されている。

渋谷一丁目の東京都児童会館跡地については、都の都市整備局で事業実施方針案がまとまった段階。今後、再開発プランの具体化が進むだろう。神宮前五丁目の青山病院跡地は、平成25年の4月に「TBSハウジング渋谷」がオープンし、暫定活用が始まっている。また、同じ神宮前五丁目の「こどもの城」(上写真)も既に閉館しており、跡地利用に注目が集まっている。

書籍紹介

『シブい渋谷ー知られざるシブヤを、もりもり発掘』(散歩の達人MOOK)

『シブい渋谷ー知られざるシブヤを、もりもり発掘』(散歩の達人MOOK)

出版:交通新聞社
価格:880円
発売:2013年11月15日
仕様:A4変型版112ページ

「円山町」「のんべい横丁」など古き良きシブいい店から、×年後の渋谷の姿まで新旧の渋谷の魅力を深く掘り下げた、もりもりの一冊。

  • A 渋谷駅南街区
  • B 渋谷駅街区
  • C 渋谷駅道玄坂街区
  • D 渋谷桜丘口区
  • etc. その他 再開発
  • 再開発が完成するまで|工事を知る・楽しむ!

オススメ記事