渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

SPECIAL 旬の渋谷を感じるカルチャー特集

街の歴史やカルチャー、エンターテインメントなど、独自の視点と切り口から渋谷のトレンドを特集企画として紹介します。

  • 0
SHIBUYA FUTURE Second Stage

渋谷周辺の再開発<宮下町エリア>
渋谷キャスト(旧渋谷宮下町計画)
2017年4月28日 開業予定

DATA
地上16階・地下2階・高さ約71m

渋谷と原宿文化がぶつかり合い、クリエーターが集う創造拠点に
渋谷キャストGF広場

「渋谷キャスト」(旧渋谷宮下町計画)は、明治通りとキャットストリートの合流地点にあった「都営宮下町アパート」跡地の開発プロジェクト。東京都が所有していた都営住宅などの移転等を契機に、同都有地の有効活用と、周辺のまちづくりの起爆剤としての役割を目指し、「都市再生ステップアップ・プロジェクト(渋谷地区)」の第一弾事業として展開されている。

渋谷キャストのコンセプトは、「クリエイティブ産業の街“渋谷”を世界に発信するクリエーターズ・プラットフォーム」。明治通りとキャットストリート、渋谷と原宿の文化が融合する同エリアは、暖流と寒流がぶつかり合う潮目にも似ている。潮境はプランクトンが多く発生し、それを食べる魚が集まり、好漁場となる。2つのカルチャーがぶつかり合う同エリアも、多くのクリエーターたちが集い、交流や活動が盛んに行われる創造拠点としての役割が大いに期待されている。

【左】1階路面に店舗を連ねる「都営宮下町アパート3号棟」は2014年に解体された。
【右】かつて1ー3号棟(1、2棟は解体済み)の中央には「子どもの遊び場」があった(撮影:2008年6月)。

「暮らす」と「働く」を同時に満たす、渋谷らしいライフスタイル

今春(2017年)4月28日の開業を控えて、昨秋には「渋谷宮下町計画」の施設名称が「渋谷キャスト(SHIBUYA CAST.)」と決まり、その計画詳細も明らかとされた。高さ約71m、地上16階地下2階建ての複合施設。低層部には店舗やシェアオフィス、高層部にはオフィス・賃貸住宅が配置されるなど、「暮らす」と「働く」場を兼ね備え、渋谷らしい新しいライフスタイルを提案していく。「配役、(視線を)注ぐ」などの意味を持つ「キャスト」という施設名称は、多種多様な才能を持つ人びとが集い、一人一人が配役を与えられた俳優のように、個々の役割を果たしながらコラボレーションをすることで、新たな文化や才能を生み出す場となる意思を込める。また、キャットストリート側の玄関口には大きな広場が配置され、渋谷・原宿間の人の流れを呼び込む機能としても期待されている。

「多目的スペース」「スーパー」など、街の賑わい創出を担う玄関口
「小型スーパー」などが出店する入り口付近のイメージ

1F カフェのイメージ各フロアの構成は、1・2Fは「シェアオフィス&カフェ」。都内6カ所でシェアオフィスを展開する「co-lab」が入居。フリーランスや企業人のクリエーターが集まり、交流・連携し、オープンイノベーションを進めていく。1Fにはカフェスペースも併設し、シェアオフィス会員のほか、近隣ワーカーなどの一般客の利用も可能なスペースとなる。GF(明治通り沿い1F、美竹公園側からB1Fに相当)は「広場」「多目的スペース」。建物の外の広場は、この施設に集う人々に憩いの場を提供するほか、様々なイベントを開催して街のにぎわいを創出する。
13〜16Fの共同住宅イメージ多目的スペースは広場に面したフロアで、展示やギャラリー、セミナー、トークショー、レセプションなどの用途で活用していく。GFー1Fは「店舗」。東急ストアが展開する「小型スーパー」のほか、レストランやファッション雑貨店など、日常生活に彩りを与える4店舗がオープン。特にこのエリアには、今までスーパーが存在していなかったため、同施設の住人はもちろん、周辺で暮らす人びとにとっても買い物の利便性がグッとアップする朗報と言えるだろう。

「ベイクルーズグループ」「co-lab」など、メインキャストがそろう
1F オフィスエントランスのイメージ

2ー12Fは「オフィス」。オフィスフロアのテナントとして、渋谷を拠点とする「ベイクルーズグループ」の本社オフィス移転が決まっている。ジャーナル スタンダードやイエナ、エディフィスなどのファションブランドのほか、J.S.バーガーズ カフェ、ゴントランシェリエなど飲食店も数多く手掛ける同社は、渋谷を代表する成長企業の一つとして知られている。「co-lab」と共に同社の移転は、渋谷キャストが標榜する「クリエイターの創造活動拠点」に欠かせないメインキャストといえるだろう。そのほか、IT系やデザイン、アパレルなど、クリエイティブ企業の入居が予定されている。13ー16Fは「共同住宅」。1Rから3LDKタイプまで80戸の賃貸住宅からは、渋谷のまちを一望できる。13Fは専用の居住空間に加え、キッチンやリビングダイニングなどの共有スペースが設けられ、住人同士のコミュニティづくりをサポートしていく。さらに14Fは「サービスアパートメント」として、渋谷を訪れる国内外のビジネスマンやクリエーターなどの短期中期滞在のスペースとなる。

渋谷キャストの開業は、GW直前の2017年4月28日。再開発プロジェクトの開業としては、一番乗りを果たす。2020年の五輪を控え、渋谷ー原宿間の人の流れを加速させるハブとして大きな役割を担うことになるだろう。

13F コレクティブハウスのイメージ

渋谷駅中心の再開発

  • 渋谷駅街区(東棟・中央棟・西棟)
  • 渋谷ストリーム(旧渋谷駅南街区プロジェクト)
  • 道玄坂一丁目駅前地区
  • 渋谷駅桜丘口地区

渋谷周辺の再開発

  • 宮下町エリア:渋谷キャスト(旧渋谷宮下町計画)
  • 宮下町エリア:宮下公園等整備事業
  • 公園通りエリア:宇田川町15地区開発計画/渋谷公園通り計画
  • 公園通りエリア:渋谷区庁舎の建替え工事
  • 道玄坂エリア:南平台プロジェクト
  • 宮益坂エリア:宮益坂ビルディング建替え計画
  • 神宮前1丁目・5丁目エリア:こどもの城・青山病院・東京都児童会館跡地
  • SHIBUYA FUTURE Second Stage トップに戻る

オススメ記事