渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

SPECIAL 旬の渋谷を感じるカルチャー特集

街の歴史やカルチャー、エンターテインメントなど、独自の視点と切り口から渋谷のトレンドを特集企画として紹介します。

  • 0
SHIBUYA FUTURE Second Stage

渋谷駅中心地区の再開発
渋谷駅桜丘口地区
2020年 開業予定

DATA
A1棟:地上37階・地下4階・高さ約180m
A2棟:地上17階・地下4階・高さ約90m
B棟:地上32階・地下2階・高さ約150m
C棟:地上4階・高さ約16.5m

外国人ビジネスマン支援や国際医療施設など国際都市をアピール
【左】桜丘町の風景(2016年)
【右】2020年の完成イメージ。桜丘地区玄関口となるアーバンコア。

渋谷駅西口から国道246号線を隔てた「渋谷駅桜丘口地区」。周辺再開発との連携に伴い、縦動線「アーバン・コア」や歩行者デッキなどが整備されるほか、駐車場を接続する地下車路ネットワークを整備し、渋滞や混雑など、従来の渋谷駅周辺が抱える交通網の課題を解決し、ファミリーや高齢者にも配慮した利便性と安全性の向上が図られる。

「渋谷駅桜丘口地区」の開発面積は、約2.6ヘクタール。高さ約180m、地上37階建ての複合施設「A街区」、高さ約150m、地上32階建ての「B街区」と、それに隣接する高さ約16.5m、地上4階建ての「C街区」の3棟で構成。延べ床面積は約26万平方メートルで、主な用途は商業・事務所や住宅のほか、街の国際競争力強化を図るため、居住者や外国人ビジネスマンの生活を支援する施設や国際医療施設、クリエイティブ・コンテンツ産業の連携を創出するための「起業支援施設」などの機能を持つ。

【上段】「A1棟」「A2棟」「B棟」「C棟」から構成される高層ビル群(渋谷区文化総合センター大和田からのぞむ)
【下段】【左】18号線沿いから見たA1棟、A2棟のイメージ。
【右】桜丘町と代官山を結ぶ18号線沿いを上から見下ろしたイメージ。

国道・JR線をつなぐ「歩行者ネットワーク」整備、地域分断の解消実現!
渋谷駅周辺整備事業 完成イメージ/国土交通省 関東地方整備局

桜丘地区玄関口のランドマークとしてアーバン・コアを整備。さらに国道246号線を南北方向に横断するデッキと、JR線の頭上を東西方向に横断する東西通路を結び、渋谷駅西口や渋谷ストリーム(旧渋谷駅南街区)との連携を高める。幹線道路、線路などによる地域分断を解消し、駅・周辺市街地との回遊動線を構築するとともに、歩行者の利便性、快適性、安全性の向上を図る。また、新たに整備する都市計画道路補助第18号線の上空に幅の広い歩行者デッキ(横断橋)をかけ、高低差のある桜丘地区の丘陵地と渋谷駅とのアクセスを円滑にする。特に「代官山・恵比寿方面」への移動の利便性は一層高まっていくことだろう。

外国企業・外国人ビジネスマンを支える医療、滞在、子育ての「生活支援施設」の整備

外国人が安心して生活を送るために多言語に対応した国際医療施設や、サービスアパートメント、子育て支援施設等グローバル対応の生活支援整備をすることで、現在渋谷駅周辺で不足する生活環境の課題を解消しながら、国際競争力の強化を図る。

クリエイティブ・コンテンツ産業の連携を創出する「起業支援施設」の整備

大学機関がもつ最先端技術や知識と、クリエイティブ・コンテンツ産業が産学連携で渋谷発ベンチャーを育成する「起業支援施設」を整備。ここから国際競争力の高いクリエイティブ・コンテンツ産業を生み出していく。

渋谷駅中心の再開発

  • 渋谷駅街区(東棟・中央棟・西棟)
  • 渋谷ストリーム(旧渋谷駅南街区プロジェクト)
  • 道玄坂一丁目駅前地区
  • 渋谷駅桜丘口地区

渋谷周辺の再開発

  • 宮下町エリア:渋谷キャスト(旧渋谷宮下町計画)
  • 宮下町エリア:宮下公園等整備事業
  • 公園通りエリア:宇田川町15地区開発計画/渋谷公園通り計画
  • 公園通りエリア:渋谷区庁舎の建替え工事
  • 道玄坂エリア:南平台プロジェクト
  • 宮益坂エリア:宮益坂ビルディング建替え計画
  • 神宮前1丁目・5丁目エリア:こどもの城・青山病院・東京都児童会館跡地
  • SHIBUYA FUTURE Second Stage トップに戻る

オススメ記事