渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

FOOD × SHIBUYA 最新の渋谷グルメ事情を探る

目利き舌利きのフードライターが「話題のお店」「旬のフード」など、渋谷の食トレンド情報をいち早く紹介します。

今月のテーマ

食べて勝つ!熱い南米を胃袋で実感できる6店

熱戦の舞台、いよいよ開幕!グルーブC日本戦は早朝の時間帯となるものの「4年に一度のことだから、もちろん朝からやりますよ!」とW杯のパブリックビューイングを予定している飲食店さんもけっこうあります。確かにサッカー好きなら、早朝だからと部屋で静かに見守るより「仲間とともに熱く盛り上げるぜ!!」と気合いが入ってしまうのも人情というもの。

そこで今回は、戦いの地であるブラジルの郷土食が味わえるお店のほか、料理の美味しさはもちろん、早朝よりW杯の放送も予定してくれている南米および強豪国のお国柄がわかるお店をピックアップしてみました。選手たちを支えてきた各国のソウルフードを舌と胃袋で制しつつ、彼らの文化を「食べて勝つ!」的な願かけは、果たして功を奏するか…!?

熱い南米が味わえるW杯シーズンにおすすめの6店、お目当ての試合日は、多分、早めの予約が吉です。

今月のオススメ

ピックアップ!
身も心もブラジル一色!本場のシュラスコが楽しめるトゥッカーノ

トゥッカーノ渋谷(ブラジル料理)

店 舗 名
トゥッカーノ渋谷
アクセス
東京都渋谷区道玄坂2-23-12 渋谷フォンティスビルB1
03-5784-2661
営業:
月〜金
12:00〜L.O.14:30
17:30〜L.O.21:30
土・日・祝
12:00〜L.O.14:00
17:00〜L.O.21:30
無休

串刺しにした大きな肉の塊や果物を炭火でじっくり焼き上げるシュラスコ。東急百貨店本店そばのブラジル料理店「トゥッカーノ」では、ブラジルのカウボーイたちのBBQが起源とされるこの豪快な料理を、120分食べ放題で存分に楽しむことができる。

串刺しの肉は、濃くしっかりした赤身の味と柔らかさで人気のピッカーニャ(牛ランプ肉の希少部位)はじめ、トップサーロイン、リブ、コブ肉など。また牛だけでなく豚のリブやソーセージ、鶏のハツやガレット(ひな鶏の丸焼き)、手羽、さらにラム肉など14種類ほど。焼いたパイナップルも登場する。 システムはテーブルの上の3色のチップを使い、お肉が欲しい場合は緑、ストップする場合は赤、パイナップルをリクエストする場合は黄色をサインとしてテーブルで示す。サインが緑だと大きな肉の塊の串を持ったガウショが各テーブルを廻り、何度でもその場で肉をそぎ落としてくれる。焼きたて・切りたての肉をテーブルの岩塩やビネガーソースを使っていただけば心はたちまちブラジルの地へ!残念ながら特にW杯に合わせた早朝営業の予定はないようだが(一部の日を除く)、夜のほかに12:00からのランチ営業もあるため、W杯開催期間中、ブラジル気分を味わいたいという人は足を運んでみては。

ちなみにシュラスコ食べ放題には約30種類のサラダと料理が並ぶ贅沢なサラダビュッフェ、デザート&ドリンクブッフェもついていて、心躍るままにあれこれ取りすぎてしまうと肝心のお肉があまり入らなくなる結末へと向かうのでご注意を。夜はボサノバの生演奏やサンバショーで熱気にあふれ、ブラジル人スタッフとともに大いに盛り上がれる。(シュラスコ食べ放題はいずれも120分、平日ランチ2,200円、ディナー4,300円ほか。)

そのほか、サッカー強豪国のフードが味わえる5店舗

ドイツビールとフランクフルトで盛り上がれ!フランケンシュタイン渋谷

店 舗 名
ドイツビアレストラン フランケンシュタイン渋谷
アクセス
東京都渋谷区神泉町8-1 鈴屋ビル1F
03-5457-2871
営業:
12:00〜L.O.14:30(月〜金)
17:30〜L.O.04:30
年末年始休

ドイツ直輸入の樽生や瓶ビール、ドイツワインを多彩に揃え、ドイツ各地の老舗ビール醸造所から大樽で直送される白ビールや燻製ビールほか、めったに味わうことのできない激レアな銘柄も楽しめる。フードもドイツ直送のフランクフルトはじめ、ドイツ国内の伝統的な本場の味が揃う。W杯は早朝の日本戦もしっかり放送予定。2台の大画面で、サッカー好きのシェフとともに大いに盛り上がろう!

豪快なアルゼンチンの名物料理も味わえる!コスタ・ラティーナ

店 舗 名
コスタ・ラティーナ
アクセス
東京都目黒区駒場1-16-12
03-5465-0404
営業:
12:00〜15:00(土・日)
18:00〜L.O.03:00
無休

ブラジル、アルゼンチン、キューバなどラテンアメリカ料理が味わえる一軒家レストラン。アルゼンチンのカウボーイたちの調理スタイルで豪快に肉を焼く"アサード"と呼ばれる料理がとりわけ人気だが、何を食べても五臓六腑にラテンアメリカの魅力を感じることができる。写真はボロボロになるまで煮込まれた牛肉と野菜の煮込み。余計な調味料を使わず、素材の味で堂々勝負する潔さがよい。W杯開催中は早朝から営業予定、予約は早めに!

美味しいタパスとワインで観戦!スペインバル マドリード

店 舗 名
スペインバル&レストラン マドリード
アクセス
東京都渋谷区道玄坂1-11-3
フォースワンビル1・2F
03-5459-5507
営業:
11:30〜05:00 ※1Fバル&カフェ
無休

スペインのエッセンスがギュッと凝縮された店内は、1Fがバル、2Fが本場スペインの郷土料理が楽しめるレストラン。タパスをつまみつつ気軽に飲める1Fのバルにはスペインから自社輸入したオーガニックと自然栽培のワインが揃う。タパスはスペインチーズの盛り合わせやイベリコ豚の生ハムはじめ、ワインを飲みすぎてしまいそうな皿が多彩に揃う。写真は自家製サングリア。バルでW杯放送予定。

南米の食文化と美味しさが実感できるペルー料理店、ミラフローレス

店 舗 名
ミラフローレス 渋谷店
アクセス
東京都渋谷区桜丘町28-3
恒和ビル1F
03-3462-6588
営業:
11:30〜L.O:14:30
18:00〜L.O:22:00
月曜休

次回のW杯出場に向かって今回はお休み!試合の放送も特に予定していないとのことだが、渋谷で南米料理を語る場合に絶対にハズせないのがペルー料理の「ミラ・フローレス」。ペルー人シェフによる皿の数々は、先住民や移民たちから多国籍な食の影響を受けた真正ペルーの味。900円でお釣りがくるランチの煮込み料理やスープでもその美味しさにハマりそうになる。写真はホロホロに煮込まれたチキンのトマト煮。自家製青唐辛子のペーストもクセになりそうな美味しさ。南米の食の魅力をリアルに体感できる。

出場国のビール片手に応援!フットボール・ダイニングESTADIO

店 舗 名
dining&bar ESTADIO 渋谷店
アクセス
東京都渋谷区宇田川町3-10
渋谷フットボールタワーB1
03-5784-5488
営業:
月〜木
11:30〜L.O.15:00
18:00〜L.O.23:00
金・祝前日
11:30〜L.O.15:00
18:00〜L.O.02:00

11:30〜L.O.02:00
日・祝
11:30〜L.O.23:00
※放映スケジュールによる変更有
無休

南米料理店ではないものの、数台の大型スクリーンで仲間とサッカー観戦が楽しめる「フットボール・ダイニングESTADIO」。残念ながら日本戦はすでに予約で満席となっているが、他国の試合ではまだ空きがあるそう(取材時)。魅力は世界各国のビールが揃う点で、ドイツ、スペインはじめイタリア、オーストラリア、ベルギーなど出場国のビールがズラリ。応援する国の銘柄とともに、心ゆくまで声援を送ろう!

ライター/サーフライダー 2005年よりランチを中心にシブヤ界隈の飲食店情報をつづるブログ『渋谷・恵比寿ランチジャーナル』を運営。40代でITの世界にとらばーゆ(死語ですが)した変わりダネだが、以来、若い人たちとの交流のおかげで、唯一の自慢はとにかくキモチが若いこと。周囲から「安くておいしい店を」「気分転換に効く店を」と乗せられてのいい店探しが老化防止に大きく役立っている。老けたくないみなさんには、若い人たちとの食べ歩きを推奨です。一緒に繰り出しましょう♪

バックナンバー

オススメ記事