渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく!働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト

みんなで乗り越えましょう

CULTURE × SHIBUYA 編集室がオススメする3作品

「映画」「アート」「イベント」「ライブ」「ステージ」など、渋谷で公開、開催を予定するカルチャー情報の中から、編集部オススメをピックアップ。

今回のテーマ

サブカルチャー映画を楽しもう

昨年は、「富士山」が世界文化遺産に、和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、国際的にも日本の文化的な魅力に注目が集まった一年だった。そんな日本カルチャーを代表する分野の一つとして、忘れてはならないのがサブカルチャー。日本のアニメ・マンガがアジア諸国で放送・出版されたり、コスプレがヨーロッパの愛好家によって楽しまれたりと、日本発サブカルチャーは独自の発展を遂げて、世界に広がりを見せている。 先日はオリンピックが閉幕したが、国際情勢が微妙な均衡状態を保っている現在において、スポーツやカルチャーは、政治経済に傾倒しがちな国際交流を新鮮な感覚で押し広げてくれるとても魅力的な視点。今回は世界に誇る日本の大きな魅力の一つでもある「サブカルチャー」をテーマに、現在渋谷で公開中の作品をピックアップした。 ヒーローに憧れる若者が等身大で活躍する「キック・アス ジャスティスフォーエバー」、未だファンも多いファミコンゲームの面白さを伝える「ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック」、マンガという大衆メディアを通して世界に切り込む「マンガで世界を変えようとした男」。好きなモノへの思いを貫く人々の姿は、国籍を問わず美しい。

今月のオススメ

キック・アス ジャスティス・フォーエバー

画像
2013年/イギリス/103分/配給:東宝東和/©2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
タイトル
キック・アス ジャスティス・フォーエバー
上映場所
TOHOシネマズ 渋谷
上映期間
2014年2月22日(土)〜
上映時間
上映スケジュールの詳細は劇場まで
監  督
ジェフ・ワドロウ
出  演
オーガスタス・プリュー, クラウディア・リー, モリス・チェスナット, クロエ・グレース・モレッツ, アーロン・テイラー=ジョンソン, ジム・キャリーほか

TOHOシネマズ渋谷では現在、2010年に劇場公開され口コミで上映館を拡大していった人気作「キック・アス」の続編「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」がスタートした。
スーパーマン、バットマン、スパイダーマン…お金や技術や特殊能力を持ち、人々を救うアメコミ界のスーパーヒーローたち。「キック・アス」は、ヒーローコミックオタクの冴えない高校生デイヴがヒーローに憧れ、インターネットで買ったスーツとマスクを着用してキック・アスとして活動する姿を描いたヒーロー映画で、超等身大の情けないヒーロー像や、クロエ・グレース・モレッツが演じた最強の少女戦士ヒット・ガールの独特の佇まいが話題に。日本では2010年の公開当初4館だった上映劇場が口コミで70館以上にまで拡大する人気作品へと成長していった。
第二弾となる同作では、将来の夢を見つけることが出来ずにいたデイヴがヒーロー集団「ジャスティス・フォーエバー」を結成。バレエ講師、学生、コピーライターなど、普通の人たちが街の平和を守ろうと、覆面姿で悪党集団に立ち向かう。一方かつてのヒット・ガールは普通の女の子として学園生活を送っていて…。
既存のイメージを打ち砕く覆面ヒーローたちの奮闘を、新鮮な気持ちで楽しみたい。

ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック

画像
2013年/日本/109分/配給:シンカ ハピネット/©2014ハピネット/ガスコイン・カンパニー
タイトル
ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック
上映場所
ヒューマントラストシネマ渋谷
上映期間
2014年2月22日(土)〜
上映時間
上映スケジュールの詳細は劇場まで
監  督
蔵方政俊
出  演
有野晋哉(よゐこ)、吉井一肇、平祐奈、阿部考将、松島海斗、吉田 翔

ヒューマントラストシネマ渋谷では2月22日より、ゲームバラエティー番組「ゲームセンターCX」の10周年を記念した映画「ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック」がスタートした。
ゲームセンターCXは、有野課長(よゐこ・有野晋哉)が懐かしの家庭用TVゲームに挑戦し、ひたつらエンディング画面を目指す企画をメインコンテンツとするフジテレビCS放送のTV番組。何度失敗しても諦めない課長の姿がゲームファンの共感を呼び、DVDシリーズは累計50万セットを突破。番組10周年を記念して、今回の映画化が実現した。
1896年、ファミコンを愛する少年ダイスケは、憧れのクミコとの約束のため、不良たちに「借りパク」されたゲームソフト「マイティボンジャック」を取り戻すべく立ち向かう。一方で高難易度で知られる「マイティボンジャック」挑戦中の有野課長は、奇跡のプレイを連発するも、タイムリミットが刻一刻と迫っていた…。ファミコンソフトで結ばれたダイスケと有野課長。彼らの恋と挑戦の行方はいかに?80年代へのオマージュとゲーム愛に溢れた、もう一つの「三丁目の夕日」。ファミコンに夢中になったあの頃を思い出しながら、2人の闘いを見守りたい。

マンガで世界を変えようとした男

2012年/アメリカ/89分/配給:ザジフィルムズ/©ITCH FILM LTD 2013
タイトル
マンガで世界を変えようとした男
上映場所
シアター・イメージフォーラム
上映期間
2014年3月8日(土)〜
上映時間
上映スケジュールの詳細は劇場まで
監  督
チャーリー・ポール
出  演
ラルフ・ステッドマン、ジョニー・デップ、ウィリアム・バロウズ、テリー・ギリアム

シアター・イメージフォーラムでは3月8日より、イギリス人アーティスト、ラルフ・ステッドマンの美学にジョニー・デップが迫るドキュメンタリー「マンガで世界を変えようとした男」が公開される。
ステッドマンは1936年イギリス生まれ。60年代に風刺漫画家としてのキャリアをスタートさせ、国際政治や人権侵害の是正を訴えるその作風は不適切・危険・残酷・歌劇・反体制的などと評される。同作は、映画「ラスベガスをやっつけろ」の原作者ハンター・S・トンプソンと、映画版「ラスベガスをやっつけろ」のメーンビジュアルを手がけたラルフとの、波乱に満ちた友情物語を軸に展開。ビート・ジェネレーションを代表する作家ウィリアム・バロウズとの交流や、ラルフの熱心な収集家として知られるテリー・ギリアム監督やビル・マーレイの協力のもとに得られた貴重な映像を交えながら、創作活動の源に迫っていく。インタビューとナレーションは、ラルフの長年のファンだという俳優ジョニーデップが担当。創作現場を目の当たりにしたデップは、時に感嘆の声をあげ、時に言葉を失いながら、市民の自由のために筆を取る一人の芸術家の姿を引き出していく。
マンガで世界を変えようとした男、その孤高の美学を味わいたい。

バックナンバー

オススメ記事